どこまで遅くしましょうか?

展覧会の絵がすごく難しくて難儀しています。お早うございます。指揮者のひともぢです。

うちの楽団は一つの曲を大体一年がかりでさらっています。最初の半年くらいは、曲に慣れるためにひたすら通します。

然し展覧会の絵は「とにかくゆっくりやってくれ」と要望が出て、今、非常にゆっくり練習しています。

ザックリと半分のテンポでやっていますが、この段階で指が追いつかない、間違える、ザッツが揃わないのでは、普通のテンポでは手も足も出ないわけです。

では更に遅くするかというと、遅すぎても練習にはならないと感じています。

ちょうど自動車の高速道路教習と同じで、時速20キロで完璧に出来たとしても、40キロでは別の話で、80キロでは別次元です。でも、高速道路に乗りなれて仕舞えば全てどうってことなくなります。

最初に戻って、だからこそ早さに慣れる事が必要なのだと私は思うのですが、ただ単にザッツを揃えるために、テンポを合うまで遅くする、と言うのは練習にはあまり役に立たないと思っています。

本当に指揮者にとってテンポのことだけで悩んでいるみたいなものです。練習になるゆっくりしたテンポを設定する。本番のテンポ設定する。いつまでも悩みは尽きません。

さて、練習終わりに久々に文京フィルとしてイベントに呼ばれて行きました。4年前にも参加したRadixの会の総会です。

  

金管10重奏の画像は機会を改めて紹介しますが、トランペッター2人が余興のテキーラを吹きました。

400人くらいのお客様に喜んでいただけました。

終電がなくなるまで打ち上げて、雨をやり過ごしての帰宅でしたとさ。

bpomd

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

東京よさこいin大塚

指揮者のひともぢです。すっかり時間が経ってしまったのは、慣れないポエムを描こうと思って思案しているうちに、アッという間に毎日が過ぎてしまったからです(意味不明)。

さて、昨日文京フィルは1年振りに依頼演奏をして来ました。日本のアマオケの中でも下手な方から数えてワースト10に入る楽団なのにありがたい事に「人前で演奏しても良い」というお墨付きをおらうと、どこでもほいほいと行っちゃうんです。

今回は東京よさこい祭りのJR大塚駅前広場会場で演奏して来ました。
1

楽しそうな楽員の笑顔が印象的でしたが、本当に楽しかったです。今回は3曲もやらせてもらえて、しかも盛大な拍手までもらっちゃいました。

2

私は指揮者なんで、お客様の様子というのは見えないものなんですが、以前にも書いたように、背中で様子が分かるもんなんです。初めて聴く下手くそなオーケストラですが、暖かい声援をいっぱいもらえました。

うちの楽団は、楽員が演奏して楽しければいいという事ではなく、我々が演奏する事で、社会還元が出来たり、地域住民と交流を図る事を目的にしています。今までは、楽団の基礎を作るのに一生懸命頑張って来ましたが、段々と本来の目的を果たす事が微力ながら出来るようになって来ました。

今後も、自分のたちの演奏会をメインにするのは間違いないのですが、しっかり練習を重ねて、少しでも社会の役に立つオーケストラになりたいと思っています。

それにしても、楽しかったなぁ(演奏後の飲み会が)。

bpomd

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。