のだめカンタービレ!

毎週土曜日はいまのオケの練習。練習が終わったら飲むんです。それが楽しいんです(笑)。
日曜日は来月から文京フィルハーモニック管弦楽団の本拠地になる予定の文京八中で個人練習。二日酔いでもトロンボーンは吹くんです。それが楽しいんです。
話は変わりますが、恐らく殆どの人は「のだめカンタービレ!」という漫画をご存じで、愛読されていることと思います。私もご多分に漏れず2年くらい前に変態バストロンボーン奏者に勧められてから愛読書になっています。
でもね、不満があるんです。
主人公がのだめで彼女がピアニストだから、仕方ないのですが、私はもっとオーケストラの話しを読みたいんです。少女漫画だから、彼女がつまづいたり、トラブったり、千秋さまとくっついたり離れたりしてもいいんですが、私はもっとオーケストラよりの話しが読みたいなぁと思っていたりします。
N響の茂木さんが絡んでいるから、くろきんがパリまでくっついてくるのは理解出来るんですけど、R☆Sオケの連中ってこのまま放っておかれちゃうんでしょうか?
のだめのピアニストとしての成長は嬉しいんですが、もっと千秋さまがオケを前に曲作りをしているところが見たかったりしませんか(私だけ??)。
更にいえば、千秋さまがくせ者揃いのアマオケを振っているなんて話しも面白いと思うんです。
まぁ、本音を言えば、トロンボーン奏者のレギュラーがいないのが不満なんですけどね…(笑)。

bpomd

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

コメントを残す