アマデウスちゃん

今日は通勤、帰宅時にモーツアルトをいっぱい聴きました。交響曲は33番「パリ」、35番「ハフナー」、36番「リンツ」。どの曲も勿論うちのオケでは挑戦します。36番が手強そうですが、じっくり取り組んでいきましょう。
私は基本的に交響曲が好きなのですが、でもモーツアルトといえばまず、オペラでしょう。その意味では「フィガロの結婚序曲」、「ドン・ジョバンニ序曲」、「コジ・ファン・トゥッテ序曲」なども是非挑戦したいところですが、私は「皇帝ティートの慈悲序曲」が好きだったりします。
楽譜見つけたら練習しましょうね。
今年はモーツアルトの生誕250年で、盛り上がっていますが、残念ながらうちの楽団は今年演奏会を開くことは難しいと思います。次のイベントとしては35年後に没後250年が来ますが、どうでしょう?
私は今年39歳なので、軽く74歳です。この前亡くなったN響正指揮者の岩城宏之さんが73歳で亡くなったわけですが、私はおいてもらえるのなら指揮者としてやっているんでしょうか…(笑)。
思えば短い生涯だったんですね。
私は一昨年にウィーンとプラハに行ってモーツアルトの墓(といわれているもの)参りに行き、彼の歩いた街を同じように歩いてみました。プラハではドン・ジョバンニと皇帝ティートの慈悲の初演が行われたエステート劇場の前に立っても見ました。
特に私にとって特別な作曲家というわけではないのですし、指揮者にとってはベートーヴェンを攻略することが生涯の目標だったりします。しかしモーツアルトの音楽は音楽家にとっては常に挑戦すべき高き山なのだと思います。
みなさんにとってモーツアルトはどんな存在ですか?

bpomd

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

コメントを残す