楽団立ち上げ

昨日は208PVでした。リンク先をチェックしていて気がついたのですが、「皇帝ティートの慈悲」を「皇帝ティートの悲劇」と表記していましたね(恥)。でもさぁ、それを検索してうちのオケに来るってなんなんでしょう?それともうちのオケのサイトを見て「こんな曲あったっけ?」って検索してそこからまたうちに来たんでしょうか?
まぁ、私が間違っていたのだと思うので、その点は訂正しておきます。
暫く指揮法講座のネタを使おうと思います。
初日にコバケンのお弟子さん5人が「運命」の出だしを振ったんです。これってプロの指揮者でもいやがるくらい難しいんですけど、案の定振る人振る人先生からダメを出されていました。
私から見たら十分に出来ていると思うのですが、それでも確かに先生の指摘はもっともで、指揮の奥深さというものを感じました。その後まったく指揮が出来ないおっさんがわけも分からず「運命」といって振っていましたが、まったく滅茶苦茶でした。指揮をなめるにも程があります(笑)。
私も恐らく5年以内にはこの曲に挑戦すると思いますが、先生の求めるような深い音楽性を別にすれば最低限振る為のヒントは教わったような気がします。技というのは教わるものではなく盗むもんなのだということも教わりました。
さて、楽団員が40人に達しました。まだまだバランスに問題がありますが、当面の人数的な目標は達しました。何度も書きますが、楽団設立時にこれほどの人数になるとは思っていませんでした。
何しろいま私が所属する楽団も初回の練習は6人でしたし、練習開始してからも半年間は30人に行きませんでした。それくらいのことは覚悟していたのですが、本当に幸運なことに多くの方の見学申込みを受けることが出来ました。
私は立ち上げの楽団2つに携わることが出来ました。考えてみたら立ち上げの楽団に関わるという経験はそう滅多にあることではないと思います。その意味ではこのチャンスをくれた私の2人の友人に感謝するとともに、この楽団に参加してくれるみなさんに最大限の感謝を述べたいと思います。

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

コメントを残す