修行が足らん

フォイヤーベルク管弦楽団の演奏会に行って来ました。
プログラムはエグモント序曲、コンチェルタンテ、ブラームスの3番で私の好きな曲ばかり。指揮は大町先生で以前にも見たことがあるのですが、豪快な指揮をする先生です(あんまり指揮の勉強にはならない(笑))。
エグモントがよくってとにかくぶったまげました。大抵のアマオケは管楽器の方が上手なもんですが、このオケの弦は吃驚するほど上手でした。半分、いや1/3でもうちのオケに来てくれないかな…(夢想)。
まぁ、チェロのトラでN響の木越さんが乗っているくらいですからレベルが高いのもある程度想定内でしたが、それにしても上手でした。
ところがコンチェルタンテ…。まず指揮者がいないんです。こんなのアリなんですか??私は不勉強でよく知らないんですが、まぁ、指揮者なしでも演奏出来なくはないでしょうが、以前見たN響だって指揮者いました。
そのせいなのか何なのか、エグモントあれ程良かったのにコンチェルタンテはアンサンブルが乱れるところが数カ所あって、ソリストとも息が合わない感じでした。ソリストは著名な方ですし、そもそもこのオケのトレーナーをされている方なので、息バッチリでもおかしくないはずですが、なんかちょっとしっくり来ませんでした。
それよりもこの曲を自分がやるということを改めて自覚してちょっと寒気がしました。大変美しい曲ですが、想像以上に難しい曲です。
その後のブラームスの3番も、聴いているほど簡単な曲ではなかったです。やっぱりアンサンブル乱れるところがあって、というのも出来ているところがちゃんと出来ているので、出来ていないところが凄く目立つんです。
上手いというのも大変なものです(汗)。
ただ、以前も書いたようにアマオケは上手でも下手でも聴きに行けば何かしら得るものがあります。仕切方とか、プログラムとか。今回は以前から考えていた「賛助会員」制度についてヒントをもらってきました。
この正月は結構色々なことが出来そうです。

bpomd

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

“修行が足らん” への2件の返信

  1. PASS:
     弦が上手なのは、木越さんよりも前田さんの影響が強いと思われます。
     指導はほとんど前田さんがやっているので、実質前田さんがトレーナーなんです。
     前田さんの専門はバイオリンなので、弦が強いのが自然でしょう。
     その指導があまりにも厳しいので、残念ながら途中で辞めていく人がいるようです。音が出せないと「死ね!」と言われるそうですから。

  2. PASS:
    >001さま
    はじめまして。コメントありがとうございます。そうですかぁ。愛情のある「死ね」ならいいんですけどねぇ(笑)。

コメントを残す