人に歴史あり

我々が挑戦しているベートーヴェンの交響曲7番は作品番号92、コリオランは作品番号62。
最近私は自分の勉強不足を悔やんでいるのですが、やっぱり作品の理解には、それまでの作品を勉強し尽くす事が必要なんだと思っています。少なくとも交響曲7番を演奏し、理解するのであれば、1番から7番までの交響曲は研究しなくてはいけないでしょうし、本来なら、それまでの91曲全部知らないと作品92は理解できないんだと思います。
作曲家が刻んできた歴史はその作品です。1番目の曲から順番に作曲家として熟練し、人間として経験を積み、年齢を重ね、そして作品は徐々に厚みを増していくのだと思います。
92番目の曲は当然1番目から91番目の曲の何らかの経験が反映されているはずなのです。であるならば、そのすべてを知る事は絶対条件なのだと私は思います。
そして、ベートーヴェンの曲を理解する上では、その先達の作品も下地にはあるわけで、バッハや、ベートーヴェンの師匠であったハイドンや、モーツアルトの作品を全部知った上でのベートーヴェンなんです。
とはいえね、そんだけCDを買うのもしんどいし、曲の理解という意味ではスコアも必要だし、お金どんだけあっても足りないよなぁ。
でも、いきなり完璧を目指すのではなく、少しずつ出来るところからやっていきましょう。あ、私か(苦笑)。

bpomd

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

コメントを残す