当日の準備

今日は影アナの原稿を書いて、スタッフの動きをまとめました。今回の演奏会に限らず、私は楽団運営同様に演奏会もコンパクトに運営したいと考えています。しかし、そう考えても演奏会というのは多くのスタッフの手助けがあって成り立つものです。
今回以降うちの演奏会は文吹が手伝ってくれますし、文吹の演奏会はうちが手伝います。これは持ちつ持たれつという事ではなくて、お互いの援助には常に感謝しあえる関係でいたいと思っています。
うちは2回連続で手伝っているから、向こうが手伝うのは当たり前だ。こう思うのは傲慢です。何度も書きますが、文吹の存在がなかったらうちの楽団は活動できていないのです。その程度の恩返しはやって当然なのです。
ただ、演奏会も出来るだけうちのスタッフで出来る事はやりましょう。朝のセッティングは楽団員一同でやりましょう。でも終演後の撤収はお願いする事になります。皆さんはロビーでお客さんを送迎しなければならないからです。
受付も絶対に必要ですね。皆さんは演奏の準備があるわけですから(笑)。演奏中のビデオカメラも同様です。固定のカメラも回しますが、一人専属で回してもらいます。
ティンパニの手配も終わりましたが、今週中にお金を振り込んでおこうと思います。これで演奏会当日は打ち上げまでお金を触らないですみます。
ビデオカメラも6カメ回します。配置も決めましたし、延長コードの手配もつきましたので当日セッティングをするだけです。
そういえば、あちこちで話題になっていますが、コンサートスクエアのトップページのアクセスランキング。先週まで2位だったのですが、今週とうとう1位になりましたね。何にしろ1位というのは気持ちがいいものですし、いい事だと思います。
とはいえ、ネットでのこうした反応がちょっと怖くもあります。人が全然来ない恐怖もありますし、来すぎて開場からあふれて入場制限してしまう恐怖もあります。チケット制にすれば良かったと後悔も少ししています(笑)。
それよりも、演奏会に来てくれる観客が、私たちの演奏を楽しんでくれるかどうか?も気になるところです。ネットで情報を得た人は全く私たちの楽団のコンセプトを知らないかもしれません。
勿論すべての人に満足してもらおうとは思っていませんが、一人でも奥の人に楽しんでは貰いたいと思っています。

bpomd

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

コメントを残す