第35回練習

35回目の練習です。みなさん楽団の規約は熟読されていると思いますが、今日まで1回も練習を休まないで、演奏会を1回クリアするとうちの楽団の評議員になれます。評議員は評議会に対して議案の提出が出来ますし、選曲権も付与されます。
つまり楽団の運営をするには評議員になる必要があるわけです。そこには義務と権利が発生しますが、正真正銘文京フィルのメンバーに馴れるわけです。
まぁ、私以外で1回も休んでいないメンバーはいないので、今日その権利に王手をかける人はいないんですが、多分演奏会終了後に数人の評議員が誕生すると思います。
さて、今日はコンチェルタンテみっちりやりましたが、と入っても2回目の合わせ、ヴァイオリンのソリストは体調不良でお休みでしたが、コンマスに代わりに弾いてもらいました。
思ったよりはいい出来ですが、コンチェルトという意味では全く未完成の荒削り(笑)。ダイナミックでいいともいえますが、音楽はそんなもんではありません。今までの練習でオケのパートはある程度仕上がっているので自信を持っていいと思います。
ただし、コンチェルトですからソリストとのバランスがあります。音量のバランス、強弱のバランス、表現のバランス、残り少ない練習ですが、絶対に仕上がります。耳をそばだてて、目を見張り五感を使って演奏に集中しましょう。
そうすれば、きっといい演奏が出来ますし、演奏が楽しくなりますよ。

bpomd

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

コメントを残す