継続は力なり

努力という言葉は嫌いな私ですが「継続は力なり」というのは大好きな言葉です。
トロンボーンを始めたときも、指揮を始めたときも、楽団を始めたときも、私はそれが楽しくて始めたのですが、例えば、いつまでたっても上手にならないトロンボーン。周りの人から理解が得られなくって、しかも自分の不勉強さや下手くそさに絶望した指揮。前のオケで人間関係のトラブルに嫌気が指して新しいオケを作った。
そういったトラブルみたいなものや壁というのは誰にでもあるし、どんな楽器や、楽器以外の人生全てに共通すると思いますが、大切なことは「続けること」です。
がむしゃらに頑張るというのは、美しい面もあるかもしれませんし、他人に評価を受けるかもしれませんが、そんなのは続かないんです。
私はこの楽団を作った時に「100年続く楽団にしよう」と決めました。上手な楽団を作ろうでもなく、仲の良い楽団にしよう、でもないです。「続けられる楽団」です。
その考えは今も変わっていませんし、常にそのことを実践しているし、逆に続けられないことはしないことにしています。
これが全てです。
持続可能な楽団を作るには、最初に完璧なものを用意するか、徐々に時間をかけて作って行くかどっちかしかありません。最初っからメンバーが決まっていない以上、オケは徐々に作って行くしかないんです。
無理はダメです。頑張るもダメ、その場だけもダメ、例外もダメ、続けるということはしっかりとした「ポリシー」がないとダメなんです。コンセプトと言い換えてもいいです。
音楽の多様性を否定せずに、それぞれのレベルの人がそれぞれのレベルに応じて楽しめる楽団にする。これを続けて行くことが私の役割です。

bpomd

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

コメントを残す