自信

私は今年の演奏会で初めて「暗譜」で指揮をしました。
暗譜で指揮をするっていうのは自分でいうのもなんですが凄い事なんですよ。適当に振って暗譜で振るというのはやって出来なくはないんです。度胸さえあれば(笑)。
でも、ちゃんとオケをコントロールしながら暗譜で振るというのはつまりは、スコアを全部暗記するという事であり、それは結構大変な事なんです。
私はそれを自分に課してやりました。
全てが上手くいったかと言えばそれは分かりませんが、私はその時の私が出来るすべてを全力でやり切りました。
それは大きな自信になりました。
一度やり遂げ、自信をつけると次のステップがやってきます。今シーズンの曲の譜面は今までとは比べ物にならないほど早く私の頭に吸い込まれて行きます。それは私自身の成長であり、自信がさらに能力を開花させているという事なのだと思いますが、しかし、そうすると新たな壁も目の前に出てきます。
人間はこうやって自らの能力を高めて行くのだと私は信じています。これは決して「階段状」になっていて、この段階まで来るとオッケーとかいうものではなく、緩やかなスパイラル状の長い道で、そこには小節線も区切りもないんです。
大切なのは冷静に自分を見つめる目で(これがある人は指揮者になれますし、ない人は指揮者にはなれません)出来る事と出来ない事を常に見極める事です。
皆さんには、どんな事でもいいですから、自信を持ってもっと堂々と、楽しく演奏してもらいたいと思っています。
私にだって出来るんですから(笑)。

bpomd

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

コメントを残す