メトロノーム

今日はエロイカの3楽章、この楽章は交響曲の歴史上初めて3楽章にスケルツォが取り入れられたわけです。
速い三拍子、ベートーヴェンさまのテンポ指定は付点二分音符=116なんですね。おお!速いとは思っていましたが、今日実際にやってみるとほぼあり得ないテンポ…。
ベートーヴェンのテンポ指定はいくつもおかしいと指摘を受けている部分があるので、そこにとらわれる事はないと思うんですが、とはいえ、楽譜はやっぱり聖書な訳で、そこを意味もなく無視する事は出来ないわけです。
特にベートーヴェンの場合は楽譜自体は(速度指定は別にして)もの凄く緻密に書かれているので、楽譜通りに演奏するだけで最大限の効果が得られるわけです(そこが一番難しいのですが)。天才の仕事を後世の凡夫が台無しにするわけにはいかないんです。
やってみると、今のうちのオケでは92から96が精一杯。ここから、曲想を崩さずにテンポを上げて行くのが今後の課題になります。
徐々にやって行くので、自宅で練習する時にはメトロノームをかけて頑張ってみてください(他人事(笑))。
さて、今日のミーティングでは来年、再来年の話しも致しましたが、準備は入念に、計画は細心に、そして行動は大胆に。うちのオケがどういう人間でどういう音楽を目指すのか、焦らずにじっくりと取り組んで行こうと思っています。
音楽と一緒で楽団作りにも王道はありません。出来る事を一生懸命やって、この理念に共感してくれる人を少しずつ集めて行きましょうね。

bpomd

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

コメントを残す