経験と想像

今日はちょっと観念的な話し(笑)。
失恋したことあります?
まぁ、余程の人でない限り、失恋の一つや二つはあるでしょう。
ではちょっとぶしつけかもしれませんが、自分が飼っていたペットの死を経験したことはありますか?
これも大方の人は経験したことがあると思います。
音楽をする上でこの「経験」というのは大きな武器になり、他人への説得力を持ちます。
失恋をしたことがない、可愛がっていたペットの死も知らない。幸せな人ということも出来るかもしれませんが、そういう純粋培養みたいな人の音楽ってどんな感じなんでしょうね?
私は経験が全てで、それがない人は音楽家として失格だ、と言っているわけではないです。時には経験や教養が音楽へのアプローチを邪魔することもあると思います。
しかし、失恋やペットの死による「喪失感」というのは実体験として経験しないと、心の中で咀嚼できないし、それを音楽で表現するのには相当の「想像力」が必要なのではないでしょうか?
今回いいたかったのは、経験がない人がいい音楽をできない、ということではなく、人生に於ける全ての経験は音楽をする上で必ず役に立つ、ということです。その意味では無駄な経験は一つもない、と私は思っています。

bpomd

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

コメントを残す