シューベルト

今日はシューベルトの交響曲4番をメインで練習する日です。
シューベルト好きな人?…誰も手を上げない。
シューベルト嫌いな人?…3人手をあげました。3人ともに楽器の演奏はまぁまぁ出来る人だったのが面白かったですが、私からいわせれば、シューベルトの曲はそんなに難しくないにも関わらず、演奏したら無上の喜びが味わえます。
彼は確か30歳代の前半で亡くなっていますが、モーツアルト同様に非常に美しいメロディを紡ぎます。
モーツアルトの本領がオペラにあり、ベートーヴェンの本領が交響曲にあるとしたら、シューベルの本領は間違いなく歌曲にあるでしょう。
物悲しくて苦手な方も多いかもしれませんが、「冬の旅」を騙されたと思って、20回聴いてみてください。その後この交響曲4番「悲劇的」を聴いてみると、この曲の美しさがよく理解できるでしょう。
曲の練習はどうしてもその楽譜だけを睨みがちですが、その作曲家を理解するには他の曲を聴いてみると、案外、スッと胸の中に落ちて来ることもあるものだと思います。
勿論、未完成やグレートを聴いてみるのもおすすめです。
因に私は3番が好きだったりします(笑)。

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

コメントを残す