総合火力演習初日

うちの楽団は演奏会の2ヶ月くらい前に総合火力演習を行います。ものものしい名前ですが、ただの合宿です(笑)。
演習地を選定するにはいくつかの条件があります。
1)文京区から2時間以内程度の地である。
2)24時間練習可能である。
3)メインの合奏部屋を含めパート練習用にいくつか部屋がある。
4)パーカッションが設置してある。
5)24時間お風呂に入れる。
6)夜中まで反省会をしても叱られない。
7)ご飯がおいしい。
ここまで完璧な宿があったらぜひメールにてお知らせください。当楽団で実際に使った場合には紹介料として5千円お支払いいたします(本当です)。
さて、いつもは3月の3連休を利用して演習を行うのですが、今回は文吹の演奏会と重なってしまい、上旬の開催。やむを得ず平日からの2泊3日になりました。
初日の参加者は11名と合奏としては全然ダメダメなのですが、ファーストヴァイオリンが薄かったお陰で、メロディーライン抜きの練習が出来ました。ファーストヴァイオリンは殆どずっとメロディーを担当しているので、いわば、ヴォーカル抜きのカラオケ演奏の様な状態。
ただ、これはこれで結構いい練習になることが分かりましたので、通常練習でも第2音楽室でファーストヴァイオリンのパート練習をして、第1音楽室で全体合奏というのもやってみようかと思います。
練習終わりの反省会。私は飲み出すと時間を見ないのですが、最後は4時だったそうです。そこまで付き合う指揮者ってそうはいないと思うんですが、どう思います?
あ、どうでもいいですね(笑)。

bpomd

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

コメントを残す