出戻り

うちの楽団は基本的に「来るもの拒まず(ただし人間性のおかしな人はお断り)、去る者追わず」がポリシー。
基本的には音楽に専念したいので、楽団運営のすべてをネットで出来るように工夫しています。連絡事項もネット、出欠もネット。だから、ネットが苦手な人は大変かもしれませんが、そういう人向けのセイフティーネットはかけていません(手間がかかっては本末転倒なので)。
いろんな事情でうちの楽団を辞めて行かれます。本当のことを言ってくれる人もいれば、そうでない人も。
今日現在65人の楽員がいますが、辞めて行った人間はどれくらいいるでしょうか?20人?見学に来た人も含めれば40人?そもそも見学申し込みをして、見学に来なかった人を含めれば、同じだけの60人くらいになるかもしれません。
一度辞めて、違うパートで活躍している人が1人います。去る者は追わない私でも、去られると寂しいのは正直なところ。
ところが1年前、一旦辞めたフルート奏者が「もう一度一緒にやりたい」と言ってふく膳に押し掛けて来たことがありました。
ちょうど「くるみ割り人形」に向けてフルートを増員しようと思っていたので、これも何かの縁と、その場で即決しました。
そして、昨日やはり1年くらい前に辞めたヴァイオリン奏者が「仕事が落ち着いたのでもう一度やりたい」とメールを送ってくれました。
捨てる神あれば、拾う神あり、です(違うか)。
出戻り大歓迎!
私はこれほどまでに清々しい気分は久しぶりだし、こうやって人が戻って来てくれる楽団を作ったことを、これほど誇りに思ったことはありません。
今週は久しぶりにいい酒が飲めそうです!!

bpomd

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

コメントを残す