ヴィリー・ボスコフスキー

私は2003年の7月に指揮者になってその年の9月にデビューいたしました。
デビューのメイン曲は「美しく青きドナウ」でウィンナーワルツを1つで振りなさい!と当時の楽団の人達からハードルの高いお題をいただきました。
3拍子も4拍子もちゃんと振れない人間にいきなり1つ振り、しかもウィンナーワルツとは!
でも、いい勉強になりました。
そして2010年に長年の念願だったニューイヤーコンサートを行います。
またしても、あの名曲ドナウが振れます♪
楽員を含め、ウィーンフィルの「何年のニューイヤーコンサートが好きですか?」と聞かれるのですが、私はカルロス・クライバーのファンなので89年か92年と答えますが、どうしても無視できない存在があります。
03年にドナウを振った時に「これ、決定版!」といってある友人が勧めてくれたのがボスコフスキーが弾き振りをしたドナウのCDでした(何年のものかは未確認)。
1955年から79年までほとんど四半世紀に渡ってニューイヤーコンサートを作った伝説のコンサートマスター、ヴィリー・ボスコフスキー。
もし私がヴァイオリンが弾けたら絶対に弾き振りをしているのですが、残念ながら彼の真似事さえも出来ません(号泣)。
彼は大げさな表現はしないのに、しっとりとはんなりとウィーン風なのが凄いところです。
ああ、上品なウィーン風。
私の目指すニューイヤーコンサートはここにあるといっていいでしょう。

bpomd

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

コメントを残す