人間だもの

毎回演奏会2ヶ月くらい前というのは悩んだり迷ったりするんです(この私でも)。もっといい演奏をしたい。でもどうしても練習不足は否めないし、そもそもこの楽団は楽員のレベルにものすごく開きがあるんです。
この楽団は音楽のレベルよりも、人間性を重要視しています。楽器さえ上手ければどんなに性格が悪くてもいい、という事は絶対にないんです。
楽器は下手でも、毎回一生懸命練習に来て、オーケストラの仲間を優しく思いやる人が、うちの楽団の求める楽員像なんです。

HONDAのASIMOというロボットだって指揮は出来ます。多分私よりもテンポは正確でしょう。でもね、どんなに難しい曲をASIMOが振れたとしたって、そこには魂はこもっていないんです。

トヨタに至ってはヴァイオリンを弾いちゃうロボットまで開発しています。難しい弦楽器をここまで弾けるなんて本当に感心しますが、これだって、この演奏を聴いて音楽的に感動しますか?
工学的には驚異的ですが、音楽的には、どんなにへたくそでも人間が弾いた方が心に迫って来ると思いませんか?少なくとも私はそう思いたいです。
どんなに下手くそだって、楽器を演奏するという事の本質は「想いを届けたい」という事に尽きるんだと私は絶対信じています。

bpomd

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

コメントを残す