2013年の文京フィル

今年もよろしくお願いします。指揮者のひともぢでございます。
昨年、何と楽員が80名を超えて、毎回の練習も50人くらい揃うようになって来ました。練習なのに、コントラバスが5人もいてくれたり、ヴィオラが6人もいてくれるのが、当たり前になって来ました。本当に有難いことです。
今年8年目を迎えて、ヴァイオリンとヴィオラのメンバー拡充を目指しますが、これは楽団の安定を狙っての事ではありません。安定は即ち衰退の道です。
今後メンバーが揃ってくれば、次は練習内容の充実です。昨年トレーナーを導入しましたが、単に先生に習うのではなく、初心者の合奏導入をどうして行くのか?既成概念に囚われず、自分たちで考えて試行錯誤しています。
大人になってから楽器を始めた人がオーケストラに入るのは物凄く高いハードルがあります。それを如何に下げるか。如何に楽しんで苦しい練習をするか。如何によく分かるようになるか。そんな事を考えて手を打って行きます。
また、もう一つ、今年から手をいれて行くことがあります。ファン作りです。お客さんがいてくれないと、オーケストラはただの自己満足です。自己満足出来るほど技術のないうちの楽団は、お客さんの暖かい視線に支えられて演奏会が出来ています。
今までは自分たちの事で手一杯でしたが、優秀な楽員がいっぱいいてくれるので、みんなで知恵を絞って、お客さんを巻き込んで活動をしていこうと思います。
今年は内向きには「分かりやすい練習」、外向きには「ファン作り」を活動の柱にして行きます。
今年も文京フィルハーモニック管弦楽団をご贔屓に。
それと、新年です。オーケストラに入ろうと思っているヴァイオリンとヴィオラ奏者の方は是非一度見学に来てください。コアになって練習を引っ張ってくれる方も大歓迎です。

bpomd

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

コメントを残す