居酒屋難民

指揮者のひともぢです。
うちの楽団は、毎回練習終わりに「食事会」を開催しています。オーケストラの練習は楽器を使う訳で、おしゃべりという意味では口を使いません。「今日の練習どうだった?」とか「あそこはどうやっているの?」という会話は練習中には出来ません。
また、色々なバックボーンを持った個性豊かな楽員が多いので、音楽以外の話でも退屈することはありません。逆説的にそういうおしゃべりの時間がないと、お互いを知ることができなくてつまらないし、お互いを知らないといい音楽は出来ないと私は考えています。
だから、毎回必ず練習の後には食事会を開催しています。毎回です。必ずです。
練習に来て、楽器を出して演奏して、楽器を仕舞い家に帰る。誰とも話をしない。そういう活動は「私はイヤ」なんです。
お金がかかることだし、予定もあるとは思うので、全員参加という訳にはいきませんが、それでもみんな自分のペースで参加して交流を深めてくれています。
うちの楽団は現在90人弱の楽員がいるのですが、練習参加者は大体50人くらいです。その中の半分が食事会に参加してくれて25人です。この25人が入れる居酒屋が千駄木界隈にはあんまりないんです。
練習会場の文林中学校がある千駄木界隈は「谷根千」とか言って下町雰囲気の残る観光地と化しているんですが、いわゆる大箱の居酒屋は西日暮里まで行かないとないんです。また実はグルメの楽員が多いので、大箱のチェーン店は口に合わないんです。
安くて、美味しくて、大人数が入れる居酒屋。それがなかなかないのが悩みなんですが、私はオーケストラを作った時も、自分の理想とするオーケストラがなかったので自分で作ったんです。
自前の練習会場、自前のコンサートホールを作ることまでは考えていたんですが、今度は自前の打ち上げ会場を作ることを考えようと思います(本気)。

bpomd

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

コメントを残す