14回目の合宿

  
指揮者のひともぢです。

三連休に千葉の岩井海岸へ合宿に行ってきました。詳しい内容は、1月のエントリーとほぼ同じなんですが、楽員の高齢化が着実に進み、夜の宴会は少しだけ早く終わりました。

それにしても三日間というもの本当にクタクタになるまで練習しました。

そしてメンバーの意識も高く、今までで一番身のある合宿だったように感じます。

  
恒例のおかしな格好で潰れるホルン吹き。一月はただの女子だったのですが、今では人妻です。

夜中まで馬鹿話をして、昼は真剣に練習する。これこそが正統派の合宿だと思います。

さて、文京フィルでは、特に特にヴァイオリン奏者を絶賛募集中です。ブランクのある方、子育てがひと段落したママさん。就職したばかりで東京に友達のいない方、これからヴァイオリンを始めようと思っている人。どんな方でも入団できます。

メンバーは10代の女子大生から、60歳代まで幅広く、でも年齢の上下に関係なく和気藹々とやっています。

百聞は一見に如かず。是非一度見学に来てください。

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

BPO第473回練習(合宿)報告 2015年11月21日~23日 千葉南房総岩井海岸/さじべえ

今週のスケジュール(途中休憩は適宜挟みます)

11/21
08:00 日本医科大学付属病院前でコントラバスの積み込みを行います。
    手伝ってくれる方大歓迎です。
08:50 JR西日暮里駅 開成高校前辺り集合
11:45 さじべえ到着予定(直接行く方は12時を目指してください)
12:00 昼食
13:30 音だし→合奏
18:00 夕食
19:30 夜間合奏
21:30 乾杯(何があってもこの瞬間だけは全員集合)

11/22
08:00 朝食
09:00 分奏またはパート練習
11:00 合奏

12:00 昼食
13:30 合奏
18:00 夕食
19:30 夜間合奏
21:30 おつまみ研究会(何があってもこの瞬間だけは全員集合)

11/23
08:00 朝食
08:45 音だし
09:30 決死の覚悟で全通し(この時間に始めても昼食ギリギリです)
12:00 昼食
13:00 バス乗車解散

合宿参加者30名

合宿の連絡事項
△合宿中のことは宿に直接聞かないで、幹事に聞いてください。
△基本は集団行動です。旅行ではないので間違わないでください。オンタイムではなく、五分前行動が原則です。
△食事の時間はゆっくりとっていますので、おしゃべりを楽しんでください。ただし、準備片付けは全員で行いますので、周りを見ながら取ってください。
△こうやって二泊三日間合奏に集中できるのも、ご家族の理解があってのことです。お土産くらいは買って帰りましょう。

合宿は楽しい

指揮者のひともぢです。二泊三日の合宿から帰ってきました。私が社会人になった頃は、まだ会社で社員旅行に行くような文化もあったのですが、最近は、例えば大勢で風呂に入るのは嫌だとか、一人でないと寝られないなどといった人も多いようで、社員旅行自体がすっかり旧時代的な雰囲気もあるようですが、修学旅行も苦手な若い子は増えているんでしょうかね?

私の楽団は必ず演奏会前に二泊三日の合宿を行っています。絶対に二泊三日です。一泊二日では落ち着かないからです。3泊以上だと疲れ果てて社会復帰ができなくなります。だから二泊三日です。

社会人がほとんどのオーケストラなので、それぞれの持つバックグラウンドが多様なわけで、多様だからこそお互いの違いを知り、そこを認めることで良い音楽ができるのだと私は思っています。

生活を共にすることで、お互いの距離がすごく縮まるし、何よりも、この歳になって、利害関係のない趣味の仲間たちと、趣味に没頭して、夜はいいだけお酒を飲んで、そのままバタンキュー、男も女も関係なく、みんなで協力して食卓を囲み、上下関係なくおしゃべりに花を咲かせる。こんなことが楽しくないはずがないし、楽しくなかったらこんなには続きません(当楽団としては13回目の合宿になります)。

数回前よりバスをチャーターして、コントラバスも運びますが、行きは仲間とゆっくり会話ができるし、帰りはぐっすり眠れるのが何よりも魅力です。

IMG_3706.JPG

途中、海ほたるで休憩しましたが、今年は天気に恵まれて、真っ白な富士山がすごく大きく見えました。ちょっとした旅行なんですが、日常から離れるだけで随分気持ちが変わるものだし、普段とはちょっと違う仲間の姿も見えたりします。

IMG_3701.JPG

バスを降りると、宿の軽トラが待っていてくれて、荷物を運びます。みんなキャリーバッグが便利なようで、慣れてくるとコンパクトにまとまりますが、中身がお酒だけというツワモノもいるようです。

IMG_3708.JPG

以前は初日は夕方に入って、夕食を食べて夜の練習という流れだったのですが、段々午後の練習の時間に入るようになり、最近では昼食前に入り、昼食を食べてスタートで本当に正真正銘丸2日間練習をする楽団になってきました。

食事の準備はみんなで分担してやります。こういうときにも普段は見えない姿が見えます。率先してキビキビ動ける人、なかなか何をしていいかわからなくてウロウロしている人、でもそんな人でも二泊三日の合宿を通して、どう動けばいいのか身に着くと私は思っています。

IMG_3709.JPG

食事後すぐに練習です。歩いてすぐのところに海があるので、ちょっと海岸に出る人もいるようですが、ほとんどの人が荷解きを終えると、すぐに音出しを始めます。

午後はみっちり合奏練習をして、夕食をとり、その後すぐに夜の練習です。まぁ、この辺りまでは、毎週土曜日の練習とそれほど変わらないので、まだみんな元気です。

夜の練習が終わると、宴会になります。うちの楽団は1日目の夜も2日目の夜も宴会をします。以前は朝の7時まで飲んでいるようなこともありましたが、楽員の高年齢化のせいでしょうか、今回は3時過ぎにはお開きになりました。

IMG_3713.JPG

二日目の朝は8時の食事から始まります。一人暮らしの若者で普段朝食をとらない人もいるようですが、三食きちんと摂ることで生活のリズムが生まれるのだし、何よりも朝食は1日の栄養源です。ここをしっかり取るのが重要なのですが、飲みすぎたトランペット奏者だけは起きてこられませんでした。

朝一は1時間ウォーミングアップを兼ねてパート練習になりましたが、その後合奏練習。今年は新年1回目の練習が合宿なので、気合が入っています。

昼食は珍しくビビンパでした。宿の方も色々と工夫をしてくれて、私たちを楽しませてくれます。

IMG_3715.JPG

午後の練習は、今回は合宿恒例のアンサンブル大会がないので、丸々合奏になりました。初期の頃は3日間ずっと降り続けてもなんともありませんでしたが、私ももうじき50歳になるので、さすがに肩が痛くなってきました。次回の合宿からは二日目の午後にお休みをもらうようにしよう(笑)。

夕食後夜の練習をやります。合宿はずっと続いているのですが、楽員がその間ずっと固定されているかというそんなことはなくて、家庭の事情や仕事の都合で、初日だけで帰る人、二日目の朝に来て、夜に帰る人など色々います。

二日目の練習後は、疲れもたまっているはずなのですが、宴会が異常に盛り上がるのも毎回恒例です。オーボエ奏者が二日目夜からの参加だったので、これまた恒例の「おつまみ研究会」も無事に開催されました。今回私は疲れてしまい24時過ぎに早々に寝てしまいましたが、聞くところによると4時過ぎまでやっていたようです。

IMG_3720.JPG

三日目は恒例の「全曲通し」です。この2日間みっちりやった練習の成果を発揮と言いたいところですが、実際はほとんどの人が疲労で魂が抜けきっていて、ちょっとでも気をぬくと落ちてしまう(楽譜の場所がわからなくなる)自分との戦いになります。

密度濃く練習することによって技術的にも、精神的もぐっと成長できる上に、仲間との絆も深まる合宿は、文京フィルの歴史を作ってきたわけですし、数々の伝説(楽屋落になるので詳しくは書きませんが)を作ってきました。

何とか無事に演奏を終え、最終日の最後の食事は殆どの宿がカレーを出してくれます。疲れているのですが、こればかりはお代わりせずにいられないし、何よりもカレー食べないと合宿が締まらないのです。

IMG_3724.JPG

この楽団がある限り、大人の部活の正しいあるべき姿としてこの「合宿」の伝統は絶対に死守していこう。そんなことを富士山に誓った合宿でした。

IMG_3705.JPG

ちなみに、帰りのバスは全員死んだように眠っていました。

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

BPO第429回練習報告(合宿) 2015年1月10日~12日 岩井海岸 民宿 いとうRYO

今回のスケジュール(途中休憩は適宜挟みます)

【10日】
13:30-17:45 合奏(オルフェ、アルルの女)@とりのホール(本館)
19:30-21:00 合奏(デュカ1・2楽章、(時間があればパヴァーヌ))@とりのホール(本館)
21:00-24:00 宴会

今回もバスチャーター
うみほたるで途中休憩
宿の軽トラで荷物運搬
昼食は握り寿司!みんなで配膳をします

初日終了

【11日】

9:30-10:30 パート練習 or 個人練習

10:45-11:45 合奏(オルフェ、アルルの女、パヴァーヌ)@うみのホール(別館)
13:30-15:30 合奏(デュカ3楽章、(時間に余裕があれば1楽章&2楽章再度合奏)@うみのホール(別館)
15:45-17:45 パート練習 or 分奏
19:30-21:00 合奏(デュカ1・3楽章)@うみのホール(別館)
21:00-24:00 宴会(21:30-22:00おつまみ研究会)
二日目の合奏が終わり疲労困憊

しかし、夜は長い…。恒例のおつまみ研究会

【12日】

9:30-11:45 合奏(全通し)@とりのホール(本館)

三日間戦い抜いた歴戦の勇者たち

合宿参加者@名

BPO第406回練習報告(合宿) 2014年7月19日~21日 河口湖 堀幸

今回のスケジュール(途中休憩は適宜挟みます)

【19日】
13:30-17:45 合奏(グレート全楽章)
19:30-21:00 分奏

21:00-24:00 宴会
【20日】

9:30-11:00 合奏(ロザムンデ・アンコール)

11:00-11:45 個人練習
13:30-15:15 分奏
15:45-17:45 アンサンブル発表会

19:30-21:00 グリーグ他

21:00-21:30 おつまみ研究会
21:30-24:00 宴会

【21日】

9:30-11:45 合奏(全通し)

合宿参加者@名

卵が先かニワトリが先か?

こんばんは。
らっぱのタキエイトです。
やっぱり寒いですねぇ。
最近、北風に太陽がおされぎみです。
みなさん太陽を見かけたら頑張れと一言かけてあげて下さい。
きっと頑張ってくれるはずです。
さて、
昨日の記事にも書きましたが合宿中に人狼というゲームをやりました。
すごくザックリと説明すると、
狼と市民に分かれ、狼側は市民をだまして喰っていく、
市民は狼の嘘を見破り処刑していき、
最後にどちらが生き残るかというゲームです。
根拠のない話ですが、楽器吹きは楽器によって性格が違うと言われますよね?
合宿中このゲームに参加していたメンバーの中、偶然、
指揮者、コンマス、ビオラTOP、チェロTOP、コントラバスTOP
の方々がいました。
僕が言うのは非常に恐縮ですが、皆さま非常に個性があり魅力的な方々です。
しかし、ゲーム内で進行していくとそれぞれの楽器の特徴のような態度が見られます。
例えば、
コンマスは、狼の役割の時に非常に緊張し、その中でワクワクとした楽しそうな顔をして一発でばれていました。
チェロは、狼でも一切表情も変えずにシレっと市民のふりをして最後まで市民を食べ続けました。
ビオラは、、、、、、あまり目立ってはいないが周りの意見を分析し自分の立ち位置をとっていた、ような、、、
コントラバスは、、、、、、、、、、、、、うん、、、、、、、、、、、
指揮者は堂々と嘘をついてましたが、何故か周りに疑われなかった。(今後気をつけて指導を受けていきますよ)
タイトルにも書きましたが、
その楽器をやり続けたからその性格になったのか、
その性格だからその楽器を続けているのか、
はたまた、その人のイメージがその楽器のイメージになっているのか、
色々な意見があると思います。
でも些細なゲームですが音楽を一緒にやっている仲間だからこそ、
ゲーム中での些細な楽しみ方もできるのかな、なんて思いました。
最後になりましたがブログランキングにご協力お願いします。
人気ブログランキングへ
↑ぽっちとなです。
ちなみにラッパは馬鹿みたいに大声で騒ぎながらゲームをあらしておりました。。。

今日から合宿

こんばんは。ジェミニ@ビオラです。
最近のマイブームは、ハワイアンパンケーキです。
11月ですね。いよいよ演奏会まであと2か月を切りました。
文京フィルは、今日から2泊3日で合宿に行ってまいります。
合宿の夜と言えば、枕投げと暴露話!
ではなく、大人の合宿は、お酒と馬鹿話。時々音楽の話。時々おつまみ研究会。その他諸々。
どうしても普段は自分のパートのメンバー以外と絡む機会はあまりないものですから、毎週の飲み会もですが、こういう機会は非常に貴重です。
気になる昼間のスケジュールですが、
食事の時間以外はほとんど、合奏か分奏をしています。
合宿恒例のアンサンブル大会もあります。
普段はなかなかまとまった練習時間をとることが難しいので、これもまた貴重な機会です。
これだけ集中して練習すれば、
きっと合宿最終日の全曲通しでは、ダースベーダーや海賊や、ハリソンフォードの幻覚が思わず見えてしまうような、素敵な演奏になっているはず。。
楽しみですね!
・・・さて、早く明日の支度しよう(^^;;
ランキングにご協力をお願いします!
人気ブログランキングへ

\(*T▽T*)/

皆様こんばんは!
シスターアイリス@ホルンでございます^_^
文京フィルはいよいよ明日から2泊3日の合宿でございます!
今までは現地集合・現地解散だったのですが、今回は西日暮里から皆でバスで宿まで向かいます♪
より合宿感が出て良いですね。
楽しみです~!(≧∇≦)
合宿では有志のアンサンブル大会もあるんですよ~
皆さんの演奏が楽しみです♪
私も出るので頑張りまーすヽ(´▽`)/
あとは夜の宴会ですね!!!!
普段なかなか話せない方ともコミュニケーションをとるチャンスです!!
私すっごく人見知りですが(笑)
文京フィルの過去の演奏会や、プロによる次回演奏会の曲(今回はラフマニノフの交響曲第2番です♪)のDVDなどもきっと流れているので楽しく飲みながら勉強もできます(笑)
では、寝坊したら置いていかれてしまうので(笑)
おやすみなさ~い
文京フィルの方は明日から2泊3日宜しくお願いします♪
頑張りましょう~(⌒▽⌒)

合宿最終日

魂が消えると書いて、魂消る(たまげる)と読みますが、合宿の最終日はどんなに体力がある人でもヘトヘトのクチャクチャで魂はどこかへ飛んで行ってしまい、無表情で楽器を抱えてるだけになるものです。
最終日は「全通し」です。
どうしてこんな過酷な事をするかというと、それはラリー・バードという私の尊敬するバスケットボールプレイヤーの言葉が元になっています。記憶で書くのでかなりアレンジが入っていますが、こんな感じの言葉だったと思います。
「練習はきつくてヘトヘトになるけど、それでもさらに練習をすると段々考える事もしなくなって、身体が自然にシンプルな動きを覚えるんだ」
バスケットボールとオーケストラの練習は一見違うもののように見えるかもしれませんが、どちらも練習の時は肉体を使い、そして出来るようになるまで、細かい反復練習をして、筋肉を通して脳に覚え込ませるという点では全く一緒です。
2日間の総まとめのおさらいとは言っても、殆どの楽員は集中力すら失っていて、今まで間違えなかった繰り返しをいっぱい間違えますし(私だってそうです)、落ちたり、音が出なかったりもいっぱいしますが、それでもこの全通しを乗り越える事により、来週からの練習に自信を持って望めるのです。
この自信が実際に演奏会で最後の馬鹿力を発揮するのだと私は信じています。そしてそれを証明するように今までの4回の演奏会は常に本番が最高の演奏でした。
来年1月9日の演奏会は間違いなく、楽しい演奏会になるでしょう。それはこの過酷な3日間を乗り越えた楽員たちが一番良く分かっていると思います。

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。