文京フィルのメディア戦略

こんにちは、指揮者のひともぢです。

コロナ環境下も半年を過ぎ、慣れて来たとも、飽きて来たとも言えるのかもしれませんが、それでもこの状態はまだまだ続くのではないでしょうか。

そんな状況下、練習に参加できない楽員もおり、毎回の練習は少ない人数で実施せざるを得ません。特に弦楽器の人数が少ないことのダメージは大きいです。

「どんなに良い製品でも知られなければ、存在しないのと一緒だ」という言葉があるそうですが、誰の言葉か忘れてしまいました。スティーブ・ジョブズだったかなぁ。

今年、文京フィルは楽団結成以来使っていたwikiからwordpressに公式サイトを移して、平成版から令和版にアップデートしました。

しかし、最近の若い人は、PCよりもモバイルだし、ホームページやFacebookよりも、instagramやYoutubeなのだそうです。このブログもどれくらいの人に読んでもらえるのかわかりませんが、ブログの購入者は2967人いて、ちなみにTwtitterのフォロワーは2961人とともに三千人弱の人にアプローチできるメディアに育って来ており、反対に、Instagramのフォロワーは145人、Youtubeチャンネルの登録者数は63人と圧倒的に貧弱です。

ある程度乱暴な理屈かもしれませんが、つまりはブログとTwitterのフォロワーが多く、YoutubeとInstagramのフォロワーが少ないということは、あまり若い人に情報が行き届いていないのではないか?という仮説が成り立つと思います。

先週の練習で撮影した素材を使ってこのようなYoutube動画を作ってみました。

確かに、今はオケの活動を活発にはやりにくいです。でもそういう時期だからこそ、社会人アマオケの楽しさを多くの方に知っていただいて、安心して参加していただきたいし、もし今は参加できなくても、コロナ禍が過ぎれば、見学に行ってみたいと思ってもらえるように、広報活動を活発化させて、攻めて行かなくてはいけないと考えています。

14年前から言い続けているように、アマオケは一部の好事家だけの高尚な楽しみではありません。もちろん楽器の習得は、大変に難しく、並大抵の努力では成し遂げられませんが、それでも楽しみたいと思う多くのアマチュア奏者、これから楽器を始めてみたいと思った初心者にとっての敷居を低くしたアマオケで私たちはありたいのです。

日本一下手くそなアマオケと言われても、それは事実なので結構ですが、そうではなく「日本一初心者に優しいアマオケ」であると、皆さんに知られるようになりたいと思っています。

第700回練習

指揮者のひともぢです。

一年前はこんなことになるとは夢にも思っていなくって、今年に入っての環境の変化は、私が53年生きてきて最大のものだと言っていいと思います。

700回目の練習を終えて

自分で始めたこのアマチュアオーケストラをどう続けていくのか?毎日自問自答しながら、いろんな人の話を聞き、そして外部から情報をインプットしています。

何が正しいのか分からないことは、人生でも珍しくありませんが、自分一人の人生ではなく、オーケストラという組織はとても多くの人の人生が複雑に絡み合っています。まさに、社会の縮図なのですね。

3月に自主練習に切り替え、4月から二ヶ月間は、緊急事態宣言を受けて、活動を自粛しました。6月から練習を再開し、毎回感染症対策をやれるだけやって、続けていますが、それでも、毎週、ああ今週は練習できてよかった、と思い、来週は練習できるだろうか?と不安に思う日々です。

そして、今日文京フィルハーモニック管弦楽団は700回目の練習となりました。2006年8月から練習を始めて、14年間、ちょうど一年50回ずつを14年続けて700回です。

私は「継続は力なり」を座右の銘としており、この楽団は100年続くことを目指して立ち上げました。

100年続くと計算上は5000回の練習になるはずですから、道のりの14%を過ぎたところと言えます。

楽団運営も10年を過ぎて、基礎はできたかな?と思っていたのですが、コロナショックはそんな甘い見通しを木っ端微塵に打ち砕いてくれました。

当たり前のオーケストラの合奏が出来ない世界があるとは思ってもみませんでした。

しかしながら、継続は力なのです。やれることをやって続けることでしか、生き残ることは出来ないでしょう。

楽団としては、出来る感染症対策を行いながら、地道に練習を楽しんでいこうと思います。

もしかしたら、恐竜が滅亡したように、オーケストラも滅亡するのかもしれません。そんなことは起こって欲しくないし、あり得ないという思いもありますが、形あるものは必ず壊れます。

国や組織がそうであるように、生命がそうであるように。

しかしそうであるならば、私は絶滅危惧種であることを自覚しつつ、生にしがみついていこうとします。

もし、世界中のオーケストラが絶滅するとしても、最後に滅びるのは文京フィルハーモニック管弦楽団であることを目指します。

練習再開にあたって

6月に入り、緊急事態宣言が全国で解除されてから、文京フィルハーモニック管弦楽団は都内の施設で練習を再開しました。

楽員の中でも様々な考え方があり、練習参加者は全楽員の半分くらい、通常練習の2/3くらいのメンバーが集まっています。

国が平常の暮らしと言っているんだからいいじゃないか派と、第二派が来るようなことは控えた方がいいんじゃないか派と、多分それ以外にも様々な考え方があると思います。そうした中でなぜ練習を再開したのかについて書いておこうと思います。

2メートルの距離をとって合奏しています

まず、感染症にかかることは罪ではありませんし、謝る必要があることでもありません。これは間違い無いです。感染症は人に迷惑がかかるから、という風に「感じる方」がいるのは否定しませんが、そもそも論でいえば、感染症対策をしっかりやったかやらないかすらどうでもいいんです。

その証拠に、感染症対策をしっかりやっている医療従事者でも感染する人がいます。つまり、しっかり対策をしている人ですら感染するのですから、感染を防ぐことは相当難しいことですし、それは言われているように死亡率の違いやワクチン、薬の有無などありますが、風邪やインフルエンザでも同様だったわけです。

芸能人やスポーツ選手が感染したら謝罪をしていて、曰く「ご迷惑をおかけして」。それはそうですが、病気なのですから仕方のないことです。誰だって好きでかかっているわけではないのですから。それを「感染症対策もせず」と言って他人を叱責するのは、気分の問題であって、自粛警察やマスク警察のように行き過ぎた、正義の暴力がまかり通ることになるわけです。上述のように医療従事者ですらかかるのですから。

では、医療従事者ですらかかるのだから、一切家から出ない方がいいのだ、というゼロリスク理論を唱える人もいます。それも考え方です。危ないことは一切やらないで、外出もしない、人とも話をしない、オケの練習なんてもってのほか、という人もいらっしゃるでしょう。

その考え方は否定できませんが、そういう人はそもそも練習には来ないので、楽団が練習を再開しても、影響ないし、他人の行動を制限することもないです。

硬いフェイスシールドでは演奏しにくいので、こういう工夫もしています

問題は、結局のところ、練習はしたいけど、コロナは怖いという考え方です。

結論から書けば、それは「個人の感じる程度問題」ということに落ち着きます。

本当の意味での「感染症対策」ということであれば、練習のある土曜日だけ一生懸命やってもダメです。平日通勤電車に乗り、会社や学校へ行き、飲み会や会食をしている人はウイルスを保有している可能性があります。

リスクをゼロにしたいのであれば、そういう平日の行動すべてをアマオケが管理しなくてはなりません。平日一歩も家から出なかった人だけ、土曜日の練習参加を認めますw。このおかしな論理矛盾はメビウスの輪やクラインの壺のようなものなのです。

演奏しにくくても、フェイスシールドを着用して合奏します

では、上にも書きましたが、程度問題ならば、感染症対策なんて面倒くさいし、結局かかるかかからないかは運なんじゃないの?という極端なことを考える人もいるようです。しかし、それは間違いです。土曜日の感染症対策は無意味かというと、そうではありません。仮にウイルスを持っている人が参加したとした時に、感染症対策を行うことで、クラスター感染を防ぐことができます。

しつこいようですが、クラスター感染をゼロにしたいのであれば、接触をゼロにすることです。しかしそれが現実的でない以上、そこから先は「程度」問題ということになります。例えば、借りる練習会場や食事をするお店のルールに従い、さらに参加する各人が手洗いや消毒に努めることにより、感染のリスクは下げることが可能です。

そうしたことを全て考えた上で、「結局うちの楽団は何を一番大切にしているんだっけ?」ということを問うたときに、出てくる答えは、「練習とコミュニケーションを大切にしてきた」ということです。

あとで、コロナがいつか笑い話になった時に、または別の何かのせいで楽団活動が制限されるようになった時に、今回のことを思い出す意味で、今日のエントリを行いました。文京フィルは自分たちの価値観を守るために、楽員の多様性を認めつつ、今後も「できうる限りの感染症対策」を行なった上で、活動を続けていきます。

前代未聞の演奏会中止

こんばんは、指揮者のひともぢです。

公式サイト等で既にお知らせしておりますが、5月2日に実施予定でした、弊楽団の第20回定期演奏会については、実施を見合わせることが決定しました。

思えば、2006年に楽団を立ち上げて、2011年に東日本大震災があり、合宿などは実施できなかったことはありましたし、震災以降の輪番停電などの影響で、練習会場が使えなくなり、あちこちをジプシーのように点々としたことはありますが、練習を休んだことはありませんでしたし、震災から2ヶ月後の演奏会は無事に開催できたわけです。

新型コロナウイルスという目に見えない微細な生物の破壊力は抜群で、世界中で多くの人が亡くなっている中で、趣味の活動なんて取るに足らないだろ!というご指摘もあるかと思いますが、今回の新型コロナウイルスは、現代に生きる私たちに様々なことを問いかけているような気がします。

私たちは趣味ですからいいのですが、プロの音楽家の生活が成り立たなくなっていることはみなさんご存知だと思いますし、音楽活動は「不要不急」なのか?という問いには、すでに自宅勤務を何日もやっている方こそ、音楽に飢えていたり、運動がしたくなったりしていることからも、それは「要で急」であることがわかると思います。

もちろん命が大切ですが、お金がないと生きていけないのも事実。また生活に潤いがないと、生きていくのが辛いのも事実。

こんな時だからこそ、音楽や笑いなどが、人間の暮らしに重要な影響を与えることを考えると、何を最優先すべきなのか、あまりに複雑すぎてわからなくなってしまいます。

とにかく、早くこの騒ぎが収まり、一人でも多くの人が早く健康を取り戻せることを願ってやみません。くれぐれも人間同士で攻撃し合うことなく、助け合うことこそ、人類に求められているのだと確信します。

新型コロナウイルス対策

指揮者のひともぢです。

ブログの更新がずいぶん久しぶりになりました。実はこの楽団を創設以来ずっとwikiを使ってサイトを運営していたのですが、ダサい!ダサ過ぎる!!と糾弾を受けまして、ブログで使っていたwordpressに引っ越してきました。

昨日、無事に引越しが終わりグランドオープンとなりました。嬉しくなってブログを更新しようと思ったのですが、色々勝手が違って戸惑っています。

戸惑うといえば、新型コロナウイルスです。私はクラシック音楽界の情報はほとんどTwitterから得ているのですが、プロアマ問わず、演奏会の中止する、延期する、配信にすると対応に追われているようで、その一方で、通常通り演奏会を実施する楽団もあるわけです。

こういう選択肢というのは大抵どちらを選んでも正解で、どういう考え方で選ぶのかが大切な訳ですが、今回のようにどちらを選んでも「不正解」という、まるで「コバヤシマルテスト」のような問題を、これから生きていく人間は解いていかなければならないのだと思います。

うちの楽団は、練習会場がなくなる、または鉄道、地下鉄が止まる、などの場合以外は原則実施。あとは楽員の自己判断に任せるという方針でやってみようと思っています。

自己判断が無責任だという意見もあるのかもしれませんが、私はむしろ、政府や、自治体や、例えば会社や、所属する楽団の決定に自分の行動を任せるのは嫌で、自分の行動は常に自分で決定して生きてきました。

アマチュアオーケストラは仕事でも生活でもなく、趣味の活動です。誰かを傷つけたり、迷惑をかけることなく、自分の頭で考えた行動をしていきたいと思っています。

練習見学のフロー

練習見学希望の方へ

楽団ブログの方にコメントありがとうございます。(コメントは承認制ですが、個人情報が含まれているため承認は控えました)

お手数ですが、下記の手順にてご応募をお願いします。


見学ご希望の場合、楽団ホームページ(http://www.bpo.tokyo/)の「応募から見学まで」を一度お読みいただき、こちらに沿ってご応募いただければと思います。

ご質問や気になることがありましたら、お気軽にご連絡ください。
見学以外のことでも構いません。

お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

定期演奏会のお知らせ

あけましておめでとうございます。
今年も文京フィルをよろしくお願いいたします。

さて、あと1カ月で定期演奏会です。
残りの練習は3回。
にも関わらず、毎回のように新しい方がいらっしゃって、今年は何だかすごいのです!
ファーストバイオリンの人数は、まさかの前回の2倍?
前回、泣きながら4人で演奏会を迎えたのが遠い昔のようです。

当団は、大人になってから楽器を始めた方や初心者も多いので(私も含めて)、演奏はお聴き苦しい点も多々あるかと思いますが、皆仕事や家庭と両立しながら9カ月間一生懸命練習してきました。
オケの曲を演奏できるレベルじゃないだろうと言ってしまえばそれまでなのですが、このような演奏機会があることを感謝すると共に、先人たちの残した曲の素晴らしさや、私たちがオケで演奏できる喜びを少しでもお伝えすることができれば幸いです。
D005D94C-C40D-429B-AC87-BE6CB260821D

芝浜

広報担当のわらび餅です。
担当楽器はバイオリンです。

最近、YouTubeで落語を聴くのがマイブームです。
芝浜という話が一番好きなのですが、知らない方もいると思うのであらすじを少し。

昔あるところに、腕のいい魚屋さんが住んでいた。
目利きで才能はあるのだけど、お酒を飲むとダメになるタイプの人で、酔いつぶれて何日も仕事に行かない日が続いていて貧しかった。
ある日、奥さんが業を煮やして、今日こそは仕事に行きなさいと家から叩き出す。
早朝の誰もいない芝の浜。魚屋さんはそこで、50両の入った財布を拾う。
これで遊んで暮らせると喜び、友達を連れてきて大宴会。酔いつぶれて寝てしまう。
起きると、、財布は拾っていなかったことになっている。なんと夢だったのだ。
心身ともにだらけているからこんな夢をみるのだと反省し、酒を絶って心を入れ替えて真面目に働き始めた。
3年が経ち、商売は軌道に乗り、借金も返せて、自分の店を持てるようになった大晦日の晩、奥さんから衝撃の事実を告げられる。
、、、オチは是非動画を見てください。

色々な噺家さんの動画を見比べて見ましたが、音楽と同じように、同じ演目なのにそれぞれ個性があって本当に面白いです。


話は変わりますが、文京フィルのメルマガに記事を寄稿させていただきました。
メルマガバックナンバーはこちら

文京フィルでは、隔週でメルマガを発行しています。
購読無料なので、ご興味おありの方は是非ご登録ください。

ではまた!

変化に強い

わらび餅です。
気づけば今年もあと、残すところ1ヶ月と少し。

今年はバイオリンを始めたり、プライベートでは10年勤めた会社を辞めて転職したり、人間関係も変わってきたりと、変化の多い1年でした。
私は元々変化に強い方なのですが、歳を重ねるにつれ、新しいことをするときに、過去の経験を活かすことができるようになってきた気がします。
なので、生きていくのが昔より何倍も楽になりました。
歳をとるのは良いことだなぁなんてしみじみ思います。
—-
さて、文京フィルは2月の演奏会に向けて鋭意練習中です。
演奏会近くなると見学者の募集が一時中断しますので、見学に行こうか迷っておられる方は、お早めにご連絡ください。
B1D6765B-09E3-493A-AF45-019DFA80E31D

とっても素敵なシューマン

毎日暑いですね。
最近、平日はほぼ冷房のない場所で仕事をしているので、水分補給が欠かせません。
でも、毎日大量に水を飲んでいるおかげで健康になってきた気がします。
肌の調子も良いような。。

実は私は夏の暑さが嫌いではないため、お盆休みがあけた後に段々涼しくなっていくのが少し寂しかったりします。

夏が終わり、秋が訪れ、冬も深まった頃には定期演奏会です。
今回も何人か新しいメンバーを迎え、文京フィルとしては初めて太田区のアプリコホールで行います。
今回は、いつもより前倒しで練習進んでいるので、本番がどんな演奏になるか今から楽しみです!


さて、最近色々なソリストの演奏をYouTubeで聴いています。
自分の演奏との違いは、、
音がきれい。当たり前だけど音程が外れない。
しかしそれ以上に圧倒的に違うと感じるのは、彼らには多彩な表現の引き出しがあるということです。
音楽って、分解すれば一つ一つの音が並んでいるだけのものなのに、その中で明るさや悲しさや切なさを表現できるのは、改めて考えると本当に不思議。

最近聴いて感銘を受けた演奏です。この方はベルリンフィルの方なのですね。
とっても素敵なシューマンです。


わらび餅