変化に強い

わらび餅です。
気づけば今年もあと、残すところ1ヶ月と少し。

今年はバイオリンを始めたり、プライベートでは10年勤めた会社を辞めて転職したり、人間関係も変わってきたりと、変化の多い1年でした。
私は元々変化に強い方なのですが、歳を重ねるにつれ、新しいことをするときに、過去の経験を活かすことができるようになってきた気がします。
なので、生きていくのが昔より何倍も楽になりました。
歳をとるのは良いことだなぁなんてしみじみ思います。
—-
さて、文京フィルは2月の演奏会に向けて鋭意練習中です。
演奏会近くなると見学者の募集が一時中断しますので、見学に行こうか迷っておられる方は、お早めにご連絡ください。
B1D6765B-09E3-493A-AF45-019DFA80E31D

とっても素敵なシューマン

毎日暑いですね。
最近、平日はほぼ冷房のない場所で仕事をしているので、水分補給が欠かせません。
でも、毎日大量に水を飲んでいるおかげで健康になってきた気がします。
肌の調子も良いような。。

実は私は夏の暑さが嫌いではないため、お盆休みがあけた後に段々涼しくなっていくのが少し寂しかったりします。

夏が終わり、秋が訪れ、冬も深まった頃には定期演奏会です。
今回も何人か新しいメンバーを迎え、文京フィルとしては初めて太田区のアプリコホールで行います。
今回は、いつもより前倒しで練習進んでいるので、本番がどんな演奏になるか今から楽しみです!


さて、最近色々なソリストの演奏をYouTubeで聴いています。
自分の演奏との違いは、、
音がきれい。当たり前だけど音程が外れない。
しかしそれ以上に圧倒的に違うと感じるのは、彼らには多彩な表現の引き出しがあるということです。
音楽って、分解すれば一つ一つの音が並んでいるだけのものなのに、その中で明るさや悲しさや切なさを表現できるのは、改めて考えると本当に不思議。

最近聴いて感銘を受けた演奏です。この方はベルリンフィルの方なのですね。
とっても素敵なシューマンです。


わらび餅

シンフォニーホールの想い出

わらびもち@バイオリンです。
今週は、月曜から大阪に来ています。
仕事で来るのは4年ぶり!
(仕事以外では来たことないけど)

大阪の夏は独特な暑さがあり、少しでも歩くと汗が吹き出してくるような感じです。
やっと仕事が終わったので、喉も渇いたしビール、、、は私は飲めないので、ドトールでミルクレープを食べて、一人打ち上げをしました!

今回は、これから一緒に仕事をしていくメンバーに会ってきたのですが、明るく前向きな方ばかりで、元気をもらいました!
今後が楽しみです。

——–
さて、大阪には、梅田の近くに、ザ・シンフォニーホールというコンサートホールがありますが、いらっしゃったことはありますか?
ここでは、大阪フィルや、日本センチュリー交響楽団(旧大阪センチュリー)の演奏を聴くことができます。
個人的な話ですが、
私は8年前、まだビオラを始めることなど予想もしていなかった頃にここで、大阪センチュリーの演奏会で、ベルリオーズの「イタリアのハロルド」を聴いたことがあります。ビオラのソロは、ベルリンフィルの清水直子さんでした。
当時はビオラに興味があったわけではなく、前プロのベートーベン4番を目当てに足を運んだのですが、まさか数年後自分がビオラを弾くことになるとは、、、
不思議な縁を感じる今日この頃です。

IMG_0505

あじさい祭り

最近、見学者がたくさんいらっしゃって嬉しい限り。
オーケストラをやってみたい方、2月の演奏会でベートーベンの7番を演奏してみたい方!
歓迎です ( ^ ^ )


さて、先日、白山神社のあじさい祭りに行ってきました。
年齢層も、国籍も様々な人でいっぱいでした。

ジャズの演奏があったり、
ビックバンドの演奏があったり、、

あじさいもたくさん咲いていました。
あじさいって葉っぱの色もきれいですよね。
IMG_1269

あじさい祭りは、文京花の5大祭りの一つだそうです。
あとの4つは、桜祭り(茗荷谷)、つつじ祭り(根津)、菊祭り(湯島)、梅祭り(湯島) ですって。
私は菊と梅は行ったことがありません。
11月になって、覚えていたら湯島天神に行ってみよう。


文京フィルでは、メルマガを発行しています。
2週間に1回と、良い感じのペースで送られて来るので、是非登録してみてください♪

http://melma.com/backnumber_160055/

メンオク

今日のような春の暖かい日に聴きたくなる、メンデルスゾーンのオクテット(弦楽八重奏)。
通称メンオク。
数年前に、友人の演奏会で聴いて好きになりました。

近々生活に大きく変化がある予定で、期待も不安も大きいのですが、自分の決断を信じて頑張りたい。
そんな気分を応援してくれる曲 ( ^ ^ )


さて、先日の演奏会の動画が上がってきたので、何度か見ながら、1人反省会をしています。
個人的には、体の軸が安定しない等の悪い癖はだいぶ抜けてきましたが、元弓が使えていないだとか、まだまだ課題はあると感じました。

全体は良い出来で、難しい曲をよくここまで仕上げたと思います。
反面、演奏が揃っていない、周りを見ている余裕がない、弦楽器が小さくて聴こえない等の課題も色々あります。

次回の演奏会は今回より少しでも、音楽的にも、技術的にもレベルアップできるよう頑張りたいです。
お客様には、私たちの成長を見守っていただけると心強い限りです。

聴いているだけでは物足りなくなってきた方は、是非一緒に演奏しましょう。
弦楽器全パートと、管楽器も一部の楽器については募集しています。
まずは、お気軽に見学にお越しください。

わらび餅

何度でも

広報担当のわらび餅です。

定期演奏会が終了しました!
700人を超えるお客様に来ていただき、演奏上の課題はいくつかありましたが、団員が一丸となって臨めたとても良い演奏会だったと思います。

今回は、団として初めて副指揮者の平岡先生をお迎えしての演奏会でした。
また個人的にもチャレンジをして、思い出に残る演奏会でした。

さて、次回の演奏会は、来年2月に太田区民ホールアプリコにて。メインはベートーベンの7番です。

今後10ヶ月間で、今回の演奏レベルから劇的に上達するのは難しいでしょう。初心者にとって、特に弦楽器は本当に難しいので。。
しかし、今回よりも少しでも多く曲の世界を表現できるように、今シーズンも地道に練習を積み重ねていきたいです。

ということで、弦楽器他メンバー募集を再開しました!
募集パート詳細はホームページをご覧ください。

——
昨日の演奏会に、転勤で先日卒団していったメンバーが関西からお客様として来てくれました。その方と打ち上げで話していたのですが、、

一度演奏した曲は、時間をおいて何度でも演奏したい。
自分の年齢や人生経験によって、その曲の印象や、どう演奏するかが変わってくるためです。

今回演奏した曲も、またいつか演奏する機会があると良いと思います。
それまでにもっと楽器、上手くなりたいな。IMG_1079

本番に強い

こんにちは。毎日寒いですね。

突然ですが、オケを一緒にやっている社会人の方々は本番に強い人が多い気がします。
私自身も、本番が一番良かったと思ったことも、言われたことも何度もあります。
きっとみんな、本番が一番良くなるように持って行けるよう調整したりだとか、ここ1番の集中力を発揮したりというスキルを、今まで音楽以外の経験からも身につけているのだと思います。
社会人は学生に比べて圧倒的に練習時間を取れないのが悩みですが、本番に強いのは社会人ならではの強みですね!

ともあれ、今回の演奏会はかなり難曲が多いので苦戦しています。
さて、どうなることやら。。

——
文京フィルハーモニック管弦楽団
第16回定期演奏会

2017年5月5日 13:30開演
文京シビックホール 大ホール

全席自由 ・入場無料
未就学児童入場可能です。

IMG_4081

是非お越しください。

わらび餅

選曲中

こんにちは。わらび餅です。

「Sound Hound」というアプリがあるのですが、これがとても便利で、音楽を聴かせると、曲名と演奏者を当ててくれるという素敵なアプリなのです。
先日喫茶店で、聞き覚えがあるけどどうしても思い出せない曲がかかっていたためこのアプリで調べてみたら、クラウディオ・アラウの、ベートーベンのピアノソナタ第18番の1楽章でした。
そりゃ、パッと出てこないよ (^_^;)
私が使っているのはIPhone版ですがアンドロイド版もあるようです。無料ですので是非試してみてください。

あ、クラシック以外は試したことないけど、いけるのかしら、、?

個人的には、鉄腕DASHでいつもかかる吹奏楽っぽい曲が気になっています。
今度調べてみよう。

—–
さて文京フィルでは、次々回(来年)の演奏会の選曲を行なっています。
曲によって、練習のモチベーションや入団者の数、そして当日の集客にまで影響があると言われているので、選曲は重要です!
まずは、やりたい曲の候補を公募形式で募集したのですが、その後色々なプロセスを経て決めていきます。
どの曲に決まるのか楽しみです。

—-
文京フィルでは、まだまだ団員を募集中です。
特にファゴットとチェロ奏者大募集!

カルテット

わらわらわらび餅です。
今日会社のパソコンに「今週の予定」と入れようとしたら、なぜか「今秋の予定」に変換されました。
だいぶ気が早い。

突然ですが、楽器の上達のために一番大切なことは何でしょうか。
楽器をやっている人、特に大人から始めた人は皆、自分なりの答えを持っているのだろうと思いますが、私が思う一番大切なことは、「良い音のイメージを持つこと」です。

「自分の出したい音」−「自分の今の音」が今の自分に必要なものなので、それを一歩ずつ埋めていくのが確実な方法だと思うのです。
それには、ゴールの正しいイメージを持つことが本当に大事ですね。

自分の今の音を把握するために、練習を録音して聴くというのは良い方法です。私もよくやっています。
娯楽として聴くのではなく、教材として、足りない部分は何かを探すように真剣に聞くことが大事と思います。(もっとも、娯楽として聴けるほど上手ではないですが。。)

———–
最近、とても久しぶりに民放のドラマを見ています。
「カルテット」というドラマなのですが、会社の隣の席の人が「餅子さんにぴったりのドラマがあるから見てみて」と勧めてくださったのです。
初回から欠かさずみていますが、テンポが良くてなかなか面白いです。
一つだけ違和感があるのが、、
唐揚げにレモンをかけただけで、あんなに怒るビオラ弾きは見たことがないです(笑)
私の知っているビオラ弾きは大抵、喧嘩を好まない穏やかな人が多いです。(もちろん私も。)

シューマンのライン

わらび餅@バイオリンです。

最近、弦楽器の見学の方が毎回いらっしゃって嬉しい限り!

最近シューマンの3番(ライン)を聴く機会があり、私は数年前に別のオケでやったことがあるのですが、、
あれ?こんなに素敵な曲だったっけと改めて心を奪われました。
爽やかで疾走感のある1楽章、牧歌的な2楽章、繊細で強く触ったら壊れてしまいそうな3楽章、荘厳でケルン大聖堂のような4楽章、そして元気になれる5楽章。
最高です!

昔演奏したときは、難しすぎて楽しむ余裕があまりなかったので、また上手になったらまた是非弾いてみたいと思います。

シューマンと言えば、ビオラでよく演奏される、アダージョとアレグロという曲は大好きです。
原曲はホルンの曲なのですが、チェロバージョンでどうぞ!