コロナに負けずにもがいています

こんにちは、指揮者ひともぢです。

6月に練習を再開して、もう直ぐ5ヶ月になります。その間、楽員にコロナ感染者を出すことはありませんでしたが、これは何も対策をしっかりしたというよりも、単に運が良かっただけだという気がします。

前回も書いたように、感染症を完全に防ぐには、一切外出しない、誰とも接触しないという徹底したディフェンスが必要だからです。

趣味の活動なのだから、危険を冒してまでやる必要はないと考える方も多いと思いますが、私は3つの点でその考え方をとりません(そういう考え方の方を否定するのではなく、私は違う行動をするという意味です

一つは、歴史に学ぶということです。私は今回の新型コロナウイルス感染症の騒ぎが起こった時に、一番最初にやったことは、wikipediaで過去の感染症について調べたことです。14世紀のペスト、100年前のスペイン風邪、50年前の香港風邪、20年前のSARSなどです。

もちろん当時とは医療の進化が違ったり、人の移動距離が全然違うなど色々と違っていることはありますが、まず分かったことは、ペストを除いて、当時の医療技術では治るまでに3年くらいかかり、そのなかで第1波、第2波、第3波と、波状にパンデミックが起きていることです。つまり、このコロナとの戦いは数年かかるということです。

では、その数年間、ずっと身を潜めていることは可能でしょうか?

これだけインターネットが発展していると実際には引きこもり生活も可能でしょうが、私は実際に対面でオーケストラの合奏がやりたいのです。生活に必要か?と聞かれれば、趣味の時間は精神に対する作用からも、人生に対する潤いという点でも私には必須なものです。仕事して、食べて、寝ての人生は言い方は悪いですが、家畜の人生だと思います。

過去の歴史から分かったことは他にもあります。感染症対策の基本は、衛生的な環境と自己免疫力です。難しい言葉を使わなくても簡単な話で、手洗いうがいをして、笑って暮らすことです。

コロナウイルスを甘くみてはいけませんが、やれることを最大限にやって、その上で普通に近い生活をしないと、ありとあらゆることを制限されて、防空壕の中で暮らし続ける生活を長期間続けると、精神的にどういう影響があるのか、確たることは言えませんが、私は精神に良い影響があるとは思えません。

この普通に近い生活をする、ということがすなわちコロナとの戦いなのだと思います。

そして2つ目です。私は人生でも、音楽でも「思考停止」を一番嫌います。フェルマータはこれくらいの長さだ、とか、この曲はこう演奏するものだ、とか、@@はこう振っていた、とか、自分で考えずに演奏するのはつまらないし、音楽に対する冒涜だとさえ思います。

同様に、コロナウイルスが蔓延した。危ないから家でじっとしていよう。というのは、私には思考停止に見えるのです(モーツアルトはこう演奏するものだ、という考え方同様にその考え方は否定しません。)。

私は恐ろしい感染症が蔓延していることには十分注意を払いながら、いかに自分らしく生きるか、模索して、もがいて、足掻きたいのです。人間に生まれたのですから。こうした考え方を私はベートーヴェンから学びました。

決めつけたものの言い方になりますが、バッハはひたすら神に対する賛美を行い、モーツアルトは純粋に音楽を極めましたが、ベートーヴェンの音楽には哲学があります。それは「いかに生きるか?」という大きな問いです。

「問い」は大切です。

私はコロナ環境下でいかに新しい生活を、新しい音楽を、新しいアマオケのあり方を、問いかけています。いや、ちょっと違いますね。コロナに問われていて、それに答えを出そうとしているのだと思います。

例えば、手を洗うことが重要なのではありません。何も触れていなければ(空気中にウイルスが浮遊していなければ)ウイルスは手についていないので、手を洗う必要はありません(わかりやすく断言しています)。つまり目的は手にウイルスをつけないことで、ついてしまったウイルスを他に広げないために手を洗うのです。

密閉された部屋で、密集して息を吐く管楽器が演奏するというのは、「三密回避」という観点から考えると、思考停止していれば「無理でしょ」と簡単に結論が出ますが、密閉がダメなら、換気をすれば良いし、それがどれくらいの部屋に対して、何人いる時に、どれくらいの頻度で換気をすれば良いのか「考えれば」良いのです。

その考えることをせずに「三密回避」だけを高らかに謳っているのでは、それは思考停止をしているだけです。

文京フィルハーモニック管弦楽団は、感染症対策を万全に厳重に行った上で、練習を実施しています。コントロールできないことまで管理していませんが、コントロールできることに対しては、楽員から「やりすぎなのでは?」と言われるほどやっています。

例えば、管楽器奏者は演奏中フェイスシールドを顎まで下げて演奏してもらっています。私ももともとトロンボーン奏者ですから、それがどんなに煩わしく大変かわかりますが、それでも選択肢は2つしかないのです。その条件で演奏するか、諦めて家で寝ているか。

私たちは、実験を繰り返し、「三密回避」の命題をクリアしてオーケストラの合奏を続けていこうと思っています。

そして3番目は、「同調圧力」です。このコロナで「同調圧力」という単語が以前よりも聞かれるようになりましたが、例えば電車の中でマスクをつけていない人と喧嘩になる。などというニュースがそれにあたります。

電車の中でマスクをしない人と、マスクをつけて大きな声で喋っている人とどちらが、感染症にとって悪影響があるでしょうか?私は答えを持っていませんが、前者は社会的に非難されますが、私も電車や地下鉄に乗りますが、後者はいっぱいいて、誰からも注意されているのをみたことがありません。

自分が我慢しているのだから、お前も我慢しろ、という同調圧力は日本社会においては、「和」を作るために必要な部分もあるのだと思いますが、少なくとも芸術をするのには全く必要ありませんし、そもそもこのオーケストラは他のアマオケがやっていないことをやろうと思って始めたのです(オーディションをしないとか、月の団費をとらないとか)。

我慢を押し付けるのもおかしいし、自分が危険を冒しているんだから、あなたも頑張りなさい、も全くナンセンスで、大切なのは自分一人の頭で考えて、自分の行動に責任を持つことなのだと思います。

この「責任」は感染に対する責任ではありません。くどいようですが、どんなに頑張っていても感染する人は感染してしまうものだからです。

フェイスシールドの他に、パーテーションを使用した練習の実験を行いました。これを使えば、2メートルの距離を取らなくても、飛沫感染防止になるからです。弦楽器はすでに2メートルではなく、1メートルに狭めています。演奏中は喋らないし、マスクを常に着用しているからです。

画像は実験としてハンガーラックにラップを巻いてみたのですが、抗菌のビニールシートの薄いのが良さそうだということもわかってきました。今は金管楽器のベルからのエアロゾル対策を模索していますが、これからは部屋の湿度をどうしたら良いか(高い方が感染症対策には良いが、楽器にはよくない)、部屋の換気をどうしたら良いか、いろんな選択肢を模索して、実験して、自分の頭で考えて、新しい時代の新しいアマオケのあり方を見つけ出したいと思います。

コロナに負けないという気持ちも強いですが、コロナが出してくれた問いに、最速で最高の答えを出し続けていこうと考えています。

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

文京フィルのメディア戦略

こんにちは、指揮者のひともぢです。

コロナ環境下も半年を過ぎ、慣れて来たとも、飽きて来たとも言えるのかもしれませんが、それでもこの状態はまだまだ続くのではないでしょうか。

そんな状況下、練習に参加できない楽員もおり、毎回の練習は少ない人数で実施せざるを得ません。特に弦楽器の人数が少ないことのダメージは大きいです。

「どんなに良い製品でも知られなければ、存在しないのと一緒だ」という言葉があるそうですが、誰の言葉か忘れてしまいました。スティーブ・ジョブズだったかなぁ。

今年、文京フィルは楽団結成以来使っていたwikiからwordpressに公式サイトを移して、平成版から令和版にアップデートしました。

しかし、最近の若い人は、PCよりもモバイルだし、ホームページやFacebookよりも、instagramやYoutubeなのだそうです。このブログもどれくらいの人に読んでもらえるのかわかりませんが、ブログの購入者は2967人いて、ちなみにTwtitterのフォロワーは2961人とともに三千人弱の人にアプローチできるメディアに育って来ており、反対に、Instagramのフォロワーは145人、Youtubeチャンネルの登録者数は63人と圧倒的に貧弱です。

ある程度乱暴な理屈かもしれませんが、つまりはブログとTwitterのフォロワーが多く、YoutubeとInstagramのフォロワーが少ないということは、あまり若い人に情報が行き届いていないのではないか?という仮説が成り立つと思います。

先週の練習で撮影した素材を使ってこのようなYoutube動画を作ってみました。

確かに、今はオケの活動を活発にはやりにくいです。でもそういう時期だからこそ、社会人アマオケの楽しさを多くの方に知っていただいて、安心して参加していただきたいし、もし今は参加できなくても、コロナ禍が過ぎれば、見学に行ってみたいと思ってもらえるように、広報活動を活発化させて、攻めて行かなくてはいけないと考えています。

14年前から言い続けているように、アマオケは一部の好事家だけの高尚な楽しみではありません。もちろん楽器の習得は、大変に難しく、並大抵の努力では成し遂げられませんが、それでも楽しみたいと思う多くのアマチュア奏者、これから楽器を始めてみたいと思った初心者にとっての敷居を低くしたアマオケで私たちはありたいのです。

日本一下手くそなアマオケと言われても、それは事実なので結構ですが、そうではなく「日本一初心者に優しいアマオケ」であると、皆さんに知られるようになりたいと思っています。

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

第700回練習

指揮者のひともぢです。

一年前はこんなことになるとは夢にも思っていなくって、今年に入っての環境の変化は、私が53年生きてきて最大のものだと言っていいと思います。

700回目の練習を終えて

自分で始めたこのアマチュアオーケストラをどう続けていくのか?毎日自問自答しながら、いろんな人の話を聞き、そして外部から情報をインプットしています。

何が正しいのか分からないことは、人生でも珍しくありませんが、自分一人の人生ではなく、オーケストラという組織はとても多くの人の人生が複雑に絡み合っています。まさに、社会の縮図なのですね。

3月に自主練習に切り替え、4月から二ヶ月間は、緊急事態宣言を受けて、活動を自粛しました。6月から練習を再開し、毎回感染症対策をやれるだけやって、続けていますが、それでも、毎週、ああ今週は練習できてよかった、と思い、来週は練習できるだろうか?と不安に思う日々です。

そして、今日文京フィルハーモニック管弦楽団は700回目の練習となりました。2006年8月から練習を始めて、14年間、ちょうど一年50回ずつを14年続けて700回です。

私は「継続は力なり」を座右の銘としており、この楽団は100年続くことを目指して立ち上げました。

100年続くと計算上は5000回の練習になるはずですから、道のりの14%を過ぎたところと言えます。

楽団運営も10年を過ぎて、基礎はできたかな?と思っていたのですが、コロナショックはそんな甘い見通しを木っ端微塵に打ち砕いてくれました。

当たり前のオーケストラの合奏が出来ない世界があるとは思ってもみませんでした。

しかしながら、継続は力なのです。やれることをやって続けることでしか、生き残ることは出来ないでしょう。

楽団としては、出来る感染症対策を行いながら、地道に練習を楽しんでいこうと思います。

もしかしたら、恐竜が滅亡したように、オーケストラも滅亡するのかもしれません。そんなことは起こって欲しくないし、あり得ないという思いもありますが、形あるものは必ず壊れます。

国や組織がそうであるように、生命がそうであるように。

しかしそうであるならば、私は絶滅危惧種であることを自覚しつつ、生にしがみついていこうとします。

もし、世界中のオーケストラが絶滅するとしても、最後に滅びるのは文京フィルハーモニック管弦楽団であることを目指します。

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

練習再開にあたって

6月に入り、緊急事態宣言が全国で解除されてから、文京フィルハーモニック管弦楽団は都内の施設で練習を再開しました。

楽員の中でも様々な考え方があり、練習参加者は全楽員の半分くらい、通常練習の2/3くらいのメンバーが集まっています。

国が平常の暮らしと言っているんだからいいじゃないか派と、第二派が来るようなことは控えた方がいいんじゃないか派と、多分それ以外にも様々な考え方があると思います。そうした中でなぜ練習を再開したのかについて書いておこうと思います。

2メートルの距離をとって合奏しています

まず、感染症にかかることは罪ではありませんし、謝る必要があることでもありません。これは間違い無いです。感染症は人に迷惑がかかるから、という風に「感じる方」がいるのは否定しませんが、そもそも論でいえば、感染症対策をしっかりやったかやらないかすらどうでもいいんです。

その証拠に、感染症対策をしっかりやっている医療従事者でも感染する人がいます。つまり、しっかり対策をしている人ですら感染するのですから、感染を防ぐことは相当難しいことですし、それは言われているように死亡率の違いやワクチン、薬の有無などありますが、風邪やインフルエンザでも同様だったわけです。

芸能人やスポーツ選手が感染したら謝罪をしていて、曰く「ご迷惑をおかけして」。それはそうですが、病気なのですから仕方のないことです。誰だって好きでかかっているわけではないのですから。それを「感染症対策もせず」と言って他人を叱責するのは、気分の問題であって、自粛警察やマスク警察のように行き過ぎた、正義の暴力がまかり通ることになるわけです。上述のように医療従事者ですらかかるのですから。

では、医療従事者ですらかかるのだから、一切家から出ない方がいいのだ、というゼロリスク理論を唱える人もいます。それも考え方です。危ないことは一切やらないで、外出もしない、人とも話をしない、オケの練習なんてもってのほか、という人もいらっしゃるでしょう。

その考え方は否定できませんが、そういう人はそもそも練習には来ないので、楽団が練習を再開しても、影響ないし、他人の行動を制限することもないです。

硬いフェイスシールドでは演奏しにくいので、こういう工夫もしています

問題は、結局のところ、練習はしたいけど、コロナは怖いという考え方です。

結論から書けば、それは「個人の感じる程度問題」ということに落ち着きます。

本当の意味での「感染症対策」ということであれば、練習のある土曜日だけ一生懸命やってもダメです。平日通勤電車に乗り、会社や学校へ行き、飲み会や会食をしている人はウイルスを保有している可能性があります。

リスクをゼロにしたいのであれば、そういう平日の行動すべてをアマオケが管理しなくてはなりません。平日一歩も家から出なかった人だけ、土曜日の練習参加を認めますw。このおかしな論理矛盾はメビウスの輪やクラインの壺のようなものなのです。

演奏しにくくても、フェイスシールドを着用して合奏します

では、上にも書きましたが、程度問題ならば、感染症対策なんて面倒くさいし、結局かかるかかからないかは運なんじゃないの?という極端なことを考える人もいるようです。しかし、それは間違いです。土曜日の感染症対策は無意味かというと、そうではありません。仮にウイルスを持っている人が参加したとした時に、感染症対策を行うことで、クラスター感染を防ぐことができます。

しつこいようですが、クラスター感染をゼロにしたいのであれば、接触をゼロにすることです。しかしそれが現実的でない以上、そこから先は「程度」問題ということになります。例えば、借りる練習会場や食事をするお店のルールに従い、さらに参加する各人が手洗いや消毒に努めることにより、感染のリスクは下げることが可能です。

そうしたことを全て考えた上で、「結局うちの楽団は何を一番大切にしているんだっけ?」ということを問うたときに、出てくる答えは、「練習とコミュニケーションを大切にしてきた」ということです。

あとで、コロナがいつか笑い話になった時に、または別の何かのせいで楽団活動が制限されるようになった時に、今回のことを思い出す意味で、今日のエントリを行いました。文京フィルは自分たちの価値観を守るために、楽員の多様性を認めつつ、今後も「できうる限りの感染症対策」を行なった上で、活動を続けていきます。

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

前代未聞の演奏会中止

こんばんは、指揮者のひともぢです。

公式サイト等で既にお知らせしておりますが、5月2日に実施予定でした、弊楽団の第20回定期演奏会については、実施を見合わせることが決定しました。

思えば、2006年に楽団を立ち上げて、2011年に東日本大震災があり、合宿などは実施できなかったことはありましたし、震災以降の輪番停電などの影響で、練習会場が使えなくなり、あちこちをジプシーのように点々としたことはありますが、練習を休んだことはありませんでしたし、震災から2ヶ月後の演奏会は無事に開催できたわけです。

新型コロナウイルスという目に見えない微細な生物の破壊力は抜群で、世界中で多くの人が亡くなっている中で、趣味の活動なんて取るに足らないだろ!というご指摘もあるかと思いますが、今回の新型コロナウイルスは、現代に生きる私たちに様々なことを問いかけているような気がします。

私たちは趣味ですからいいのですが、プロの音楽家の生活が成り立たなくなっていることはみなさんご存知だと思いますし、音楽活動は「不要不急」なのか?という問いには、すでに自宅勤務を何日もやっている方こそ、音楽に飢えていたり、運動がしたくなったりしていることからも、それは「要で急」であることがわかると思います。

もちろん命が大切ですが、お金がないと生きていけないのも事実。また生活に潤いがないと、生きていくのが辛いのも事実。

こんな時だからこそ、音楽や笑いなどが、人間の暮らしに重要な影響を与えることを考えると、何を最優先すべきなのか、あまりに複雑すぎてわからなくなってしまいます。

とにかく、早くこの騒ぎが収まり、一人でも多くの人が早く健康を取り戻せることを願ってやみません。くれぐれも人間同士で攻撃し合うことなく、助け合うことこそ、人類に求められているのだと確信します。

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

新型コロナウイルス対策

指揮者のひともぢです。

ブログの更新がずいぶん久しぶりになりました。実はこの楽団を創設以来ずっとwikiを使ってサイトを運営していたのですが、ダサい!ダサ過ぎる!!と糾弾を受けまして、ブログで使っていたwordpressに引っ越してきました。

昨日、無事に引越しが終わりグランドオープンとなりました。嬉しくなってブログを更新しようと思ったのですが、色々勝手が違って戸惑っています。

戸惑うといえば、新型コロナウイルスです。私はクラシック音楽界の情報はほとんどTwitterから得ているのですが、プロアマ問わず、演奏会の中止する、延期する、配信にすると対応に追われているようで、その一方で、通常通り演奏会を実施する楽団もあるわけです。

こういう選択肢というのは大抵どちらを選んでも正解で、どういう考え方で選ぶのかが大切な訳ですが、今回のようにどちらを選んでも「不正解」という、まるで「コバヤシマルテスト」のような問題を、これから生きていく人間は解いていかなければならないのだと思います。

うちの楽団は、練習会場がなくなる、または鉄道、地下鉄が止まる、などの場合以外は原則実施。あとは楽員の自己判断に任せるという方針でやってみようと思っています。

自己判断が無責任だという意見もあるのかもしれませんが、私はむしろ、政府や、自治体や、例えば会社や、所属する楽団の決定に自分の行動を任せるのは嫌で、自分の行動は常に自分で決定して生きてきました。

アマチュアオーケストラは仕事でも生活でもなく、趣味の活動です。誰かを傷つけたり、迷惑をかけることなく、自分の頭で考えた行動をしていきたいと思っています。

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

BPO第527回練習報告 2016年12月17日

来週より、練習報告はFacebookで行います

今週のスケジュール(途中休憩は適宜挟みます)

13:00 文林中学校入校 自分の荷物を置いたら会場セッティング!
13:05 ミーティング
13:45 第一音楽室 分奏 ハイドン/モーツアルト(平岡先生担当)
    第二音楽室 個人練習
15:00 合奏 ベートーヴェン/チャイコフスキー
18:00 完全退館 全員で周りの忘れ物チェック
18:15 食事会 コミュニケーションのための重要な公式行事です

練習参加者26名(食事会参加者@名)

ミーティングの連絡事項
・第16回定期演奏会は2017年5月5日(金)文京シビックホールに決まりました。
・毎週水曜日に楽団の通信がメールで行っていない人は速やかに申し出てください。
・正団員になる方は面談を5分から10分程度行います。楽団に対する要望や、お考えなどを聞きますので、考えておいてください。

お知らせとかお願いとか
♪練習の出欠登録は遅くとも火曜日までに行ってください。パート練習を行う際の参考としています。
♪練習参加者が多い時は特に、楽器をぶつけないよう注意しましょう。
♪練習後、音楽室に忘れ物をしないようにしましょう。

BPO第526回練習報告 2016年12月10日

今週のスケジュール(途中休憩は適宜挟みます)

13:00 千駄木小学校入校 自分の荷物を置いたら会場セッティング!
13:05 ミーティング
13:45 第一音楽室 管打分奏 ベートーヴェン
    第二音楽室 弦分奏 ベートーヴェン
14:55 再入校時間(必ずまとまって入校のこと)
15:00 合奏 ベートーヴェン/チャイコフスキー
17:30 完全退館 全員で周りの忘れ物チェック
18:30 忘年会

練習参加者30名(忘年会参加者28名)

ミーティングの連絡事項
・第16回定期演奏会は2017年5月5日(金)文京シビックホールに決まりました。
・毎週水曜日に楽団の通信がメールで行っていない人は速やかに申し出てください。
・正団員になる方は面談を5分から10分程度行います。楽団に対する要望や、お考えなどを聞きますので、考えておいてください。

お知らせとかお願いとか
♪練習の出欠登録は遅くとも火曜日までに行ってください。パート練習を行う際の参考としています。
♪練習参加者が多い時は特に、楽器をぶつけないよう注意しましょう。
♪練習後、音楽室に忘れ物をしないようにしましょう。

BPO第525回練習報告 2016年12月03日

今週のスケジュール(途中休憩は適宜挟みます)

13:00 文林中学校入校 自分の荷物を置いたら会場セッティング!
13:05 ミーティング
13:45 第一音楽室 合奏 ハイドン/モーツアルト
    第二音楽室 個人練習
15:00 合奏 ベートーヴェン/チャイコフスキー
18:00 完全退館 全員で周りの忘れ物チェック
18:15 食事会 コミュニケーションのための重要な公式行事です

練習参加者33名(食事会参加者19名)

ミーティングの連絡事項
・第16回定期演奏会は2017年5月5日(金)文京シビックホールに決まりました。
・毎週水曜日に楽団の通信がメールで行っていない人は速やかに申し出てください。
・正団員になる方は面談を5分から10分程度行います。楽団に対する要望や、お考えなどを聞きますので、考えておいてください。

お知らせとかお願いとか
♪練習の出欠登録は遅くとも火曜日までに行ってください。パート練習を行う際の参考としています。
♪練習参加者が多い時は特に、楽器をぶつけないよう注意しましょう。
♪練習後、音楽室に忘れ物をしないようにしましょう。

BPO第524回練習報告 2016年11月26日

今週のスケジュール(途中休憩は適宜挟みます)

13:00 千駄木小学校入校 自分の荷物を置いたら会場セッティング!
13:05 ミーティング
13:45 第一音楽室 合奏 ハイドン&モーツアルト
    第二音楽室 個人練習
14:55 再入校時間(必ずまとまって入校のこと)
15:00 合奏 ベートーヴェン&チャイコフスキー
18:00 完全退館 全員で周りの忘れ物チェック
18:15 コミュニケーションのための重要な公式行事です

練習参加者26名(食事会参加者5名)

ミーティングの連絡事項
・第16回定期演奏会は2017年5月5日(金)文京シビックホールに決まりました。
・毎週水曜日に楽団の通信がメールで行っていない人は速やかに申し出てください。
・正団員になる方は面談を5分から10分程度行います。楽団に対する要望や、お考えなどを聞きますので、考えておいてください。

お知らせとかお願いとか
♪練習の出欠登録は遅くとも火曜日までに行ってください。パート練習を行う際の参考としています。
♪練習参加者が多い時は特に、楽器をぶつけないよう注意しましょう。
♪練習後、音楽室に忘れ物をしないようにしましょう。