ライブラリアン

昨日の楽団のページビュー(PV)は130でした。今後可能な限りここで、昨日のPVをお伝えしますね。
昨日民音に行って少し楽譜を借りてきました。譜面が増えるの楽しいですよね(笑)。今後、楽団には「ライブラリアン」という役職に誰かが就任することになると思いますが、この役職はものすごく重要です。
正しくはオーケストラライブラリアンというのですが、本来は楽譜の管理、コピー屋ではありません(笑)。
詳しいことは下記のアドレスのサイトを見ていただくとして
http://ongakukoubou.net/librarian.html
プロのライブラリアンは、例えば弦楽器のボウイング(これは指揮者とコンマスで決めるのですが)を書き込み、ミスプリを訂正したりとかするわけです。以前にも書きましたが、楽譜っていうのは「楽団の宝」なんです。
なにも真っ新の印刷された楽譜だからなんじゃないんです。いっぱい書き込みがあればあるほどそれがとても大切なんですよね。
そしてそれを管理するのがライブラリアンです。勿論それほどの高いことをライブラリアンに要求するつもりはありません。アマオケですから(笑)。でも本来は指揮者とコンマスで作り上げた音楽を楽譜にしておくのがライブラリアンの役割ですから、ものすごく重要だということを知って欲しかったんです。
楽団長、音楽監督、インスペクターが表の三役だとすると、コンサートマスターとライブラリアンと会計は団を実際に運営する三役だと言えますね。

bpomd

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

コメントを残す