気がついたら

気がついたら今年の練習も来週でおしまい。
気がついたら今日の練習で文京フィルが始まってから71回目の練習。
時が経つのは早いと言うか、なんというかですが、練習の回数の割には上達している気がしないのは私だけでしょうか(笑)?
私の尊敬する指揮者、ムラヴィンスキーはリハーサルで完璧な演奏が出来たら、本番はキャンセルした事があったそうです。「音楽は神のためにすべきだ」というのが彼の考え方で、決してお金のためや聴衆のためではなかったそうです。
社会主義国家だから許された事なのだと思いますが、私はその考え方はぜひ引き継いで行きたいと思っています。その意味ではうちは毎週が練習ではなくて、毎週がお客さんの入らない本番なんです。
そしてとにかく毎週の演奏を通して上手になって行こうという楽団なんですね。
楽章ごとの練習も今日でおしまいです。結局というかやっぱりどの楽章も仕上がりませんでしたね。勿論あと半年ありますから、じっくりやりましょう。
練習でもお伝えしましたが、半年前に出来なかったところは恐らく今も出来ていないと思いますし、半年後も同様です。大人ですから幻想はいけません。半年や1年で劇的に上手くなるには毎日死にものぐるいで練習するしかないんです。
でも、そういう事はうちの楽団では要求しません。出来る事を少しずつやって行きましょう。出来る音を1音ずつ、1小節ずつ増やして行きましょうよ。そういう練習過程を楽しいと思いましょうよ。
気がついたら、上手になっていた。それが毎週の練習を通してであればいいな、というのが私の考え方です。

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

コメントを残す