アンバランスについて

演奏会まで3ヶ月と言うところまで来ました。
毎回、演奏会間近になると、楽員のバランスの悪さに悩まされます。
いや、人間性や、演奏の話ではありません。
人数のアンバランスです。
昨年の今頃は、セカンドヴァイオリンが15人くらいいて、ファーストヴァイオリンが7~8人という状況でした。それが1年経ってファーストヴァイオリンが15人くらいになって、セカンドヴァイオリンに至っては4~5人という有様。
一時期は定員の5人いたホルンが3人になってしまっています。
こうしたアンバランスはアマチュアオーケストラの泣き所で、結局演奏会の時にはエキストラと呼ばれる代打要員をかき集めて、形を整えます。
しかし、うちのオーケストラでは、基本的な考えとしてエキストラは呼びませんし、呼びたくありません。
演奏会だけ形を整えるなら、毎週練習をやる必要も無く、結局上手い人が優遇される形になってしまいます。
うちのオーケストラはそうではなくて、例え下手くそでも毎週練習をし、そうやって一緒に頑張って来た仲間で演奏会を行いたいのです。
来て頂くお客さんには大変申し訳ないのですが、これがうちの楽団の基本的な考え方です。
勿論、とはいえ、管楽器に欠けているパートがあれば、それは音が抜けてしまいますので、やむを得ないこととして毎回数名の理解あるエキストラさんに助けてもらっているのは事実です。
しかし、当楽団の目指す先は、自前のメンバーだけで演奏会が出来るようになることです。
まだまだ、メンバー募集中です。是非1度見学に来てください。

bpomd

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

コメントを残す