無冠の人々

IMG_2767
うちの楽団は毎年5月に年間MVPの表彰をしています。
なにも楽員を競わせて優劣を付けようと言うのではありません。うちの楽団で優劣がつくのは「練習出席回数」だけです。それでも表彰をするのは、楽団の活動に積極的に参加するモチベーションにしたいのと、昨日も少し書きましたが、私は人を誉めるのが苦手なのですが、苦手なだけで嫌いな訳ではないのです。
そこで、5年間在籍した楽員を表彰する他に、毎年MVP表彰をしています。今年はMVPは評議員の投票で決めて、それ以外にインテンダント、インスペクター、音楽監督の三役がそれぞれ表彰する制度に拡充しました。
一人の楽員が二冠に輝きMVPもとったのですが、どの楽員から見てもその受賞は当然という活躍であったと思います。
しかし、私が今日話題にしたいのは「無冠の人々」のことです。
表彰の対象になるほど派手な、長期にわたる活躍は出来なくても、短期間の活躍であったり、地味な貢献をしている楽員は多くいます。そんな表彰をしていたら殆どの楽員を表彰しなければいけないほど、うちの楽団はみんなで仕事を分担し、みんなで助け合って練習し、一丸となって頑張る楽団なんです。
特に古くからいる楽員の中には、ずっと目立たないけど、毎回の練習会費の集金をしてくれたり、ホームページの更新をしてくれたり、オケセンの更新をしてくれたり、演奏会のビデオの編集をしてくれたり、係のマネージャーを一生懸命やってくれたり、フライヤーを作ってくれたり、他の楽団と交渉事をしてくれたり、メールのやり取りをしてくれたり、宣伝活動をしてくれたり、もっともっと地味に、例えば練習終わりに戸締まりや忘れ物の確認を毎回してくれるような、そんな無冠の人々がこの楽団にはいっぱいいるんです。
スポットライトを浴びるMVPは勿論楽団の宝物ですが、それ以外の楽員が決して何もしていない訳ではないし、寧ろそうした多くの楽員の協力があってこそのMVPなのだと私は思っています。
また、今日から新しいシーズンのスタートです。みんなでこの楽団をもっともっと良い楽団にしていきましょう。

bpomd

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

コメントを残す