楽団の名札

指揮者のひともぢです。

文京フィルでは学校の音楽室を使って練習している関係で、PTAをやった人ならお馴染みの名札着用が義務になっています。

  
所属団体名とパート名と氏名が書いてあるのは当たり前なんですが、自分の名札に愛着を持ってもらい、忘れないためにも色々と工夫をしています。

星のシールは定期演奏会に出席した回数を表しています。銀シールは第一回定期から第10回定期まで、第11回定期からは赤いシールで、年代によって変えています。

左上の丸いシールにも意味があります。青いシールは面接を経て正団員になると貰えます。赤いシールは1年以上在籍して、年間7割出席すると貰えるシールで、同時に評議員の証でもあります。評議員に成ると議案の提案が出来るようになるし、選曲会議にも出席できます。

その隣の黄色いシールは5年在籍者のシールです。10年在籍は緑のシールにしようと思っています。

右上は楽員管理番号です。お金の振り込みの時などに使います。まぁ、マイナンバーの走りですかね。

こうやって楽団に参加していくとドンドン賑やかになっていく名札です。どうしてもつけなくてはいけないものなので、せっかくだから楽しんじゃおうというのが、この楽団のやり方なんですね。

bpomd

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

コメントを残す