ニューイヤーコンサート

新年あけましておめでとうございます。今年も文京フィルハーモニック管弦楽団をよろしくお願いします。
さて、ニューイヤーコンサート、ご覧になったでしょうか?恐らく今年はうちの楽団員は目を皿のようにして見ていたことだと思いますが、うちの楽団も来年はニューイヤーコンサートを計画しています。
毎年春の定期演奏会はクラシックの保守本流ともいうべきプログラムで、冬の定期演奏会は「色物」というわけではないですが、クラシックをあまり聴かない方にも楽しんでいただけるようなプログラムをしてきたいと考えています。
実は、今日のニューイヤーコンサートは裏の「相棒」を見ていた関係で録画しており、まだ見ていないのですが、バレンボイムの指揮はどんな感じだったでしょうか?
毎年このコンサートは指揮者によって感じがまったく違うのが非常に面白い点だと思っています。演奏するウィーンフィルはほぼ同じメンバーなのに、指揮者が変わるだけで雰囲気が違う。
「指揮者って何をしているんですか?」という質問をよく受けますが、このコンサートを毎年見てもらうとその辺の理解の一助になるかもしれませんね。
お正月のテレビ番組と言うと、どれもお正月らしさがなく、結局かくし芸とニューイヤーコンサートくらいしかないのではないでしょうか?
私も明日遅まきながら録画を見て新春気分に浸りたいと思います。

bpomd

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

コメントを残す