過去と未来

今日の練習、メインのシューベルトは結構いいところまでやってきました。ここまでやってくると残りの練習のポイントは絞られてきます。
それは「シューベルトらしい音」です。
これが実に難しい。多分一生かかっても出来ない(笑)。
でも、少しでも近づけるように練習していきましょうよ!
練習終わりに、第2回定期演奏会のDVD鑑賞会を開きました。
うちの楽団の演奏会は最低3カメ、多いと5カメを使いまして、ビデオの編集は楽員に某テレビ局のニュースの編集をやっているのがいるので、彼女にやってもらいます。
忙しい仕事の合間にやってもらうので大変だとは思いますが、その分仕上がりは「プロの映像」ですよ。音を消して画面だけ見るとN響アワーかと見まごうほどです(本当です)。
この映像はね、もちろん家に帰って一人で見てもいいんですが、やっぱり楽員が集まって、みんなでわいわい見るのが絶対に楽しいんです。
みんな自分の演奏を客観的に見ることは、演奏中は出来ないですから、映像になったものを見て、驚いたり、恥じ入ったり、笑ったりというのはいい勉強になるんです。
さて、1年前の映像を改めてみて、この楽団は本当に上達しているなぁと感じました。
もちろん、まだまだよそのアマオケのレベルには遠く及んでいませんが、それでも、楽団創立以来今日までの135回の練習というのは絶対に無駄になっていないし、楽団としての成長が着実なものであることを改めて感じました。
継続は力なり。道は長いですが、みんなで少しずつがんばっていきましょう。

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

コメントを残す