実行力

ひともぢでございます。
先週は練習を休んで、家族旅行で長野に行って来ました。指揮者が練習を休むなんて何事だ!とお思いの方も多いでしょう。私もそう思います。でも、私は胸を張って休みます。以前、楽団の為に家族を犠牲にして結局離婚してしまった私ですから(勿論楽団だけが理由ではないんですが)、私は「楽団よりも家庭を優先してください」と私だけでなく、楽員全員に言っています。
アマオケにどっぷり浸かっちゃうと、人生のすべてをアマオケにかけちゃう人がたまにいるんですが、あんまり褒められた事ではありません。家庭、仕事、趣味そのバランスが大切だと私は身を以て知る事が出来ました。
さて、楽団に人生をかけちゃいけないんですが、その一方で「口ばっかり」という人が多いのも事実です。うちのオケは音楽は本当にへたくそなんです。それを持って本末転倒だの、レゾンデートルがどうのという人もいるにはいるんですが、うちのオケの最大の自慢はその「実行力」です。
アマオケにいがちな評論家というのはうちにはいません。いたら指揮者にこっぴどく懲らしめられますから(笑)。
例えば、その指揮者はトレーナーを入れる事に反対していました。うちのオケは上記のように出欠自由ですから、毎週来る訳ではない。トレーナーの先生が来てくれても、毎週メンバーが違い、なかなか指示が徹底しない。先週言ったことが今週出来るようになっているとは限らない(仕事が忙しい)。だから先生の指示は絶対、言われた事は次の週までにさらうのが当たり前、という音楽業界の「当たり前」がうちのオケには当てはまらないんです。
うちはいいんですが、トレーナーの先生に失礼だし、そんなうちの事を分かってくれる先生もいないだろうと思い反対していたんですが、弦楽器奏者の方から、そういう先生を捜してくれて、この頑固者の指揮者を説得して、今年から初心者をオーケストラで合奏できるようにするためのトレーナー練習が有料ですが始まりました。
アマオケに必要なのは、評論家でも学者でもなく、実行力のある人です。もう一つ突っ込んで言えば、情熱のある実行者です。
いま、文京フィルハーモニック管弦楽団では、弦楽器初心者でもオーケストラに容易に馴染めるように、上記トレーナー練習の他に、ソルフェージュはリトミック、音階練習なんかもやっています。オーケストラの敷居はうちに限っては限りなく低いです。
やる気と勇気のある弦楽器奏者大募集中です。

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

コメントを残す