アレクサンダーテクニーク講座

指揮者のひともぢです。皆さんはアレクサンダーテクニークご存知ですか?先週の土曜日は通常の練習を休んでアレクサンダーテクニークの講座を行いました。

凄く簡単に言うと、人間の身体のつくりを意識しましょう。常に。という考え方のことです。

そんなもの「考えなくたって」と思う人は、おでこを戸棚にぶつけたり、足の小指をテーブルの脚にぶつけたことがないでしょうか?無い人は、この先読まなくても良いかもしれませんw

まぁ、大抵の人が、何も無い所で躓いたりしたことが一度はあると思うんですね。

野球のイチローが言っていた言葉だと記憶しているのですが、「普段意識していないことを意識する」というような言葉があります。

呼吸を意識して暮らしている人は少ないと思いますが、演奏する上で呼吸を意識的に、しかも音楽的に行うのは重要であり、尚且つ必ずやらなくてはいけないことです。なのに出来ない人、やらない人が多いんですね。

アレクサンダーテクニークは身体全体を意識して、脳にマッピングされたボディの位置を正しくすることで、身体を自由に使うことを目的にしているように私には感じました。

客観視出来ない自分の姿勢などを専門家に見てもらう機会はなかなか無いのでとても勉強になりました。

何かをしようとした時に、身体を大きく使うことを意識するのは指揮をする上でも気をつけて行こうと思いました。

bpomd

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

コメントを残す