再始動

おはようございます。指揮者のひともぢです。

昨日、緊急事態宣言が9月いっぱいで解除されることが決定されましたので、10月2日、今週の土曜日から、いよいよ練習再開です。

新型コロナウイルスが日本で見つかったのが19年の年末から20年の1月くらいにかけて、3月からなんだか自粛の動きが始まり、1回目の練習停止、6月から自粛が解け、練習を再開して、年内はなんとか、練習ができていました。

しかし21年の1月頭からの緊急事態宣言で、2回目の練習停止。これは1ヶ月と少しで解けたので、2月から練習再開できましたが、ゴールデンウィークを目前に3回目の練習停止。

2ヶ月弱、6月末にまん延等防止措置に移行して、練習再開、しかしたった3週間の練習再開で、4回目の練習停止。2ヶ月半の長き渡って、緊急事態宣言が出ていました。

緊急事態宣言下でも練習していたり、演奏会をしていた楽団もありますが、その一方で、私たち同様に自粛していたり、物理的に練習できなかった多くの楽団の様子をTwitterなどで見ることができて、日本全国のアマオケにとって本当に受難の時期であったと思います。

逆説的な言い方になりますが、私たちはプロではないので、生活がかかっているわけではありません(生活の直撃を受けている人も多いと思いますが)。

感染症の拡大には抵抗しつつ、やれることをやれる範囲で続けていけばいいのだと思います。

「鬼滅の刃」で鬼の始祖、鬼舞辻無惨は「雨が 風が 山の噴火が 大地の揺れが どれだけ人を殺そうとも 天変地異に 復讐しようという者はいない」と言っています。

全くその通りで(新型コロナウイルスが人為的に作られたという説もあるようですが)コロナウイルスは自然のものだから、文句を言っても始まりません。もっとも、対応がどうこうと政府や自治体に文句を言っても始まらないのですがね。この想いは秋の総選挙で晴らしましょう。

文句を言っても始まらないので、私たちは感染症対策をして、音楽活動をすることになります。前にも書きましたが、以前から冬になると風邪気味でも練習に参加する楽員がいました。体調が悪くても練習に参加するとは見上げた根性!と礼賛する向きもあるようですが、私は厳重に練習には来ないように楽員に申し伝えていました。

オーケストラの練習はどこでやるにせよ、密室になり、20人から30人程度の人間が集まる、感染症にとっては天国のような状況が発生します。私自身が風邪をひきやすいこともあり、(自己防衛を除いて)マスクをするような人は練習に来ないでくださいということを徹底していました。

今後は、加えて、マスク、手洗い、消毒、換気。この辺を徹底していくことになります。もうそれしかないんです。

いつか、この新型コロナウイするの脅威が低減される日が来るかと思いますが、仮にそうなったとしても、対策は何らか残り、全く以前の元に戻るということはないと思います。

リバウンド話もありますが、リバウンドは来るでしょう。もしかしたら毎年冬には練習できなくなることも考えなくてはいけないのかもしれませんが、いずれにしても、自分でコントロールできないことを心配しても仕方ありませんん。

自分にできることをしっかりやっていく。この当たり前のことを当たり前にやっていくしかないのだと思い、今回の練習再開を、貴重な幸福な時間だと思って大切に楽しむことにします。

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

コメントを残す