そろりそろり

おはようございます。指揮者のひともぢです。

緊急事態宣言が明けて今日で4週間。昨日までずっと前週比で感染者が減っており、今のところ明確なリバウンドは起きていません。

考えてみると、感染者が増える時というのは、目に見えて棒グラフが伸びて、ある段階で「緊急事態宣言」が発出されるから非常にわかりやすいのですが、収まる時というのは、どうなんでしょう?

私はなんでも始める時には、終わり方というのを考えるようにしています。アマオケを作り始めた時、このオケは100年続くことが目標だから、私が死んだ後も続くことを目指していますし、死んだ後なのでどうしようもない、というものです。

しかし、例えば乗っ取りにあうとか、反対に楽員が壊滅的に少なくなるなど、続けられなくなるパターンは何種類か想定していました。幸い、私の手で解散を選択しなくてはならないような状況にはなっていないので、ホッとしているところです。

さて、例えば天然痘はWHOが撲滅を宣言しましたが、私が知る限り、人類が撲滅できた感染症は天然痘だけだと思います。そしてこの新型コロナウイルスの感染症ですが、撲滅はできないでしょうから、「いつの間にか収まっていた」という状態になるものと想像しています。

私は、この冬で感染者がそれほど増えずに収束に向かうパターンと、この冬にリバウンドしてもう1年付き合うパターンと2パターンを想定しています。

リバウンドした場合は、ワクチンや治療薬や医療の稼働率などそれぞれの指標を見ながら付き合っていくことになると思いますが、結局来年の冬が来るまでは警戒を解くことができないでしょうから、羹に懲りて膾を吹く状態にならざるを得ないと思うんですね。

収束に向かうパターンとしては、まず12月にみんなが恐る恐る騒ぎ始める。もちろん自粛を続けるひとも一定数いるでしょうし、マスクを外すことはできないと思いますが、小規模の忘年会などが実施されて、イベントも正常化していくでしょう。

1月になり、2月になっても、感染者が増えなかれば、3月、気温が高くなってくる頃には、完全に収束となるというのが私の読みです。

ということで、文京フィルとしては、来年5月の演奏会は正常に実施できることを願いつつ、例えば、弦楽器のプルト弾きも再開し、運営委員会も慎重に再開しと、一つずつ確認しながら進めていこうと思います。

ただ、油断大敵。ちょっとのミスで全てが水泡に帰すことは胸に留めておこうと思います。

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

コメントを残す