コロナに負けずにもがいています

こんにちは、指揮者ひともぢです。

6月に練習を再開して、もう直ぐ5ヶ月になります。その間、楽員にコロナ感染者を出すことはありませんでしたが、これは何も対策をしっかりしたというよりも、単に運が良かっただけだという気がします。

前回も書いたように、感染症を完全に防ぐには、一切外出しない、誰とも接触しないという徹底したディフェンスが必要だからです。

趣味の活動なのだから、危険を冒してまでやる必要はないと考える方も多いと思いますが、私は3つの点でその考え方をとりません(そういう考え方の方を否定するのではなく、私は違う行動をするという意味です

一つは、歴史に学ぶということです。私は今回の新型コロナウイルス感染症の騒ぎが起こった時に、一番最初にやったことは、wikipediaで過去の感染症について調べたことです。14世紀のペスト、100年前のスペイン風邪、50年前の香港風邪、20年前のSARSなどです。

もちろん当時とは医療の進化が違ったり、人の移動距離が全然違うなど色々と違っていることはありますが、まず分かったことは、ペストを除いて、当時の医療技術では治るまでに3年くらいかかり、そのなかで第1波、第2波、第3波と、波状にパンデミックが起きていることです。つまり、このコロナとの戦いは数年かかるということです。

では、その数年間、ずっと身を潜めていることは可能でしょうか?

これだけインターネットが発展していると実際には引きこもり生活も可能でしょうが、私は実際に対面でオーケストラの合奏がやりたいのです。生活に必要か?と聞かれれば、趣味の時間は精神に対する作用からも、人生に対する潤いという点でも私には必須なものです。仕事して、食べて、寝ての人生は言い方は悪いですが、家畜の人生だと思います。

過去の歴史から分かったことは他にもあります。感染症対策の基本は、衛生的な環境と自己免疫力です。難しい言葉を使わなくても簡単な話で、手洗いうがいをして、笑って暮らすことです。

コロナウイルスを甘くみてはいけませんが、やれることを最大限にやって、その上で普通に近い生活をしないと、ありとあらゆることを制限されて、防空壕の中で暮らし続ける生活を長期間続けると、精神的にどういう影響があるのか、確たることは言えませんが、私は精神に良い影響があるとは思えません。

この普通に近い生活をする、ということがすなわちコロナとの戦いなのだと思います。

そして2つ目です。私は人生でも、音楽でも「思考停止」を一番嫌います。フェルマータはこれくらいの長さだ、とか、この曲はこう演奏するものだ、とか、@@はこう振っていた、とか、自分で考えずに演奏するのはつまらないし、音楽に対する冒涜だとさえ思います。

同様に、コロナウイルスが蔓延した。危ないから家でじっとしていよう。というのは、私には思考停止に見えるのです(モーツアルトはこう演奏するものだ、という考え方同様にその考え方は否定しません。)。

私は恐ろしい感染症が蔓延していることには十分注意を払いながら、いかに自分らしく生きるか、模索して、もがいて、足掻きたいのです。人間に生まれたのですから。こうした考え方を私はベートーヴェンから学びました。

決めつけたものの言い方になりますが、バッハはひたすら神に対する賛美を行い、モーツアルトは純粋に音楽を極めましたが、ベートーヴェンの音楽には哲学があります。それは「いかに生きるか?」という大きな問いです。

「問い」は大切です。

私はコロナ環境下でいかに新しい生活を、新しい音楽を、新しいアマオケのあり方を、問いかけています。いや、ちょっと違いますね。コロナに問われていて、それに答えを出そうとしているのだと思います。

例えば、手を洗うことが重要なのではありません。何も触れていなければ(空気中にウイルスが浮遊していなければ)ウイルスは手についていないので、手を洗う必要はありません(わかりやすく断言しています)。つまり目的は手にウイルスをつけないことで、ついてしまったウイルスを他に広げないために手を洗うのです。

密閉された部屋で、密集して息を吐く管楽器が演奏するというのは、「三密回避」という観点から考えると、思考停止していれば「無理でしょ」と簡単に結論が出ますが、密閉がダメなら、換気をすれば良いし、それがどれくらいの部屋に対して、何人いる時に、どれくらいの頻度で換気をすれば良いのか「考えれば」良いのです。

その考えることをせずに「三密回避」だけを高らかに謳っているのでは、それは思考停止をしているだけです。

文京フィルハーモニック管弦楽団は、感染症対策を万全に厳重に行った上で、練習を実施しています。コントロールできないことまで管理していませんが、コントロールできることに対しては、楽員から「やりすぎなのでは?」と言われるほどやっています。

例えば、管楽器奏者は演奏中フェイスシールドを顎まで下げて演奏してもらっています。私ももともとトロンボーン奏者ですから、それがどんなに煩わしく大変かわかりますが、それでも選択肢は2つしかないのです。その条件で演奏するか、諦めて家で寝ているか。

私たちは、実験を繰り返し、「三密回避」の命題をクリアしてオーケストラの合奏を続けていこうと思っています。

そして3番目は、「同調圧力」です。このコロナで「同調圧力」という単語が以前よりも聞かれるようになりましたが、例えば電車の中でマスクをつけていない人と喧嘩になる。などというニュースがそれにあたります。

電車の中でマスクをしない人と、マスクをつけて大きな声で喋っている人とどちらが、感染症にとって悪影響があるでしょうか?私は答えを持っていませんが、前者は社会的に非難されますが、私も電車や地下鉄に乗りますが、後者はいっぱいいて、誰からも注意されているのをみたことがありません。

自分が我慢しているのだから、お前も我慢しろ、という同調圧力は日本社会においては、「和」を作るために必要な部分もあるのだと思いますが、少なくとも芸術をするのには全く必要ありませんし、そもそもこのオーケストラは他のアマオケがやっていないことをやろうと思って始めたのです(オーディションをしないとか、月の団費をとらないとか)。

我慢を押し付けるのもおかしいし、自分が危険を冒しているんだから、あなたも頑張りなさい、も全くナンセンスで、大切なのは自分一人の頭で考えて、自分の行動に責任を持つことなのだと思います。

この「責任」は感染に対する責任ではありません。くどいようですが、どんなに頑張っていても感染する人は感染してしまうものだからです。

フェイスシールドの他に、パーテーションを使用した練習の実験を行いました。これを使えば、2メートルの距離を取らなくても、飛沫感染防止になるからです。弦楽器はすでに2メートルではなく、1メートルに狭めています。演奏中は喋らないし、マスクを常に着用しているからです。

画像は実験としてハンガーラックにラップを巻いてみたのですが、抗菌のビニールシートの薄いのが良さそうだということもわかってきました。今は金管楽器のベルからのエアロゾル対策を模索していますが、これからは部屋の湿度をどうしたら良いか(高い方が感染症対策には良いが、楽器にはよくない)、部屋の換気をどうしたら良いか、いろんな選択肢を模索して、実験して、自分の頭で考えて、新しい時代の新しいアマオケのあり方を見つけ出したいと思います。

コロナに負けないという気持ちも強いですが、コロナが出してくれた問いに、最速で最高の答えを出し続けていこうと考えています。

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

あけましておめでとうございます

先日買い物に行ったスーパーで、ベートーベンの2番が流れていました。5番でも7番でもなく2番!渋い選曲です。
ちょっと嬉しい!
新年早々、縁起の良い気分になりました。

さて、遅ればせながら今年も文京フィルをよろしくお願いいたします。

今年は3月に合宿、5月5日に定期演奏会があります。
今見学にいらっしゃると、合宿も演奏会も参加できますので、迷っている方は是非お早めにどうぞ。
特に、チェロ、ファゴット奏者を絶賛募集中です!

今日は練習日ですが、この冬1番の寒さのようなので、楽団員の方は暖かくして行ってくださいね。

わらび餅

About

わらび餅です。
好きな作曲家はプロコフィエフです。好きな果物はスイカです。

ブラームスのソナタ

わらび餅子です。3連休いかがお過ごしでしょうか。

私は、連休初日の朝は今年最後のレッスンでした。
最近勉強している曲がブラームスのビオラソナタなのですが、昔から好きでたまらなかった(けど、歳をとって最近更に好きになりつつある!) 曲です。
レッスンで、まだ全然きれいには弾けないのですが、この曲を弾いているだけで幸せだなぁと思いながら、レッスンを受けていました。

ブラームスのビオラソナタは2曲ありますが、両方とも元はクラリネットソナタとして晩年に作曲された曲で、後にビオラ用に編曲されました。とは言え、ビオラに取っては超重要なレパートリーであり(もちろんクラリネットにとっても)、リサイタル等でよく演奏されます。
でも、一般的な知名度はびっくりするほど低い。特にビオラソナタ第2番は、落ち着くきれいな曲なので、もっとたくさんの人が聴くといいのになと思います。


さて、明日は年内最後の練習です。
個人的な目標ですが、全部の音を大切にして弾きたいと思います。
img_3921

About

わらび餅です。
好きな作曲家はプロコフィエフです。好きな果物はスイカです。

服を買う話

わらび餅子です。毎日寒いですね。

先週から本格的に寒くなって、衣替えをちゃんとしていなかったので、冬服をちゃんと出そうと思ってタンスをあさっていたのですが、なぜかほとんど服がない!
去年の冬は私は何を来ていたんだろう。。毎年起こる不思議な現象です ^_^;
そして服を買うことになったのですが、今度はどこで服を買ったらいいのか分からなくなってしまいました。
30代になって、そろそろ洋服も路線チェンジをしたほうがいいと思うのだけど、どこに着れる服が売っているのか分からない。。
という話を同僚にしたら、「餅子さん、何年か前もそんなこと言ってたよ!」と言われました。
歴史は繰り返す。。

そもそも、ファッションに関心を持つような学生時代にCD売り場に足しげく通ったり、ファッション誌ではなくて「ザ・クラリネット」を読んでいたりしたから、こうなるのです。
まあ、仕方ないな(笑)

結局スーツ屋さんで買いました。
スーツ屋さんのカットソーとかセーターは、無難かつ値段も高くなくて良いです。センスも必要なし^_^;
スーツ屋さんで服を大人買いして一安心。今年の冬は安心して過ごせそうです。


さて、先週は仕事が落ち着いたので久しぶりにちゃんと練習に参加しました。
チャイコフスキーの1番の合奏で、指揮者のちょっとした言葉でオーケストラの音がガラッと変わるのに驚いた、と最後列の金管のメンバーが言っていました。
「いつも、自分の1番良い音で弾きましょう」という指摘を受けて、演奏は集中力が必要だなと改めて思いました。

では、皆さま良い一日を!( ^ ^ )

About

わらび餅です。
好きな作曲家はプロコフィエフです。好きな果物はスイカです。

0655

わらび餅子です。

仕事柄、急にわっと忙しく大変になったりするのですが、やっと落ち着いて久しぶりに一息ついています。
最近のお気に入りは「0655」というテレビ番組で、平日の6:55から7:00までの5分間だけ毎日NHK教育で放送しているのですが、各家庭の犬や猫を歌で紹介するコーナーがあったり、「青森県八戸市のとなりには九戸(くのへ)がある」という内容の歌が流れたり、日めくりカレンダーを毎日色んな方法でめくってみたり、、うまく言えないのですが、ゆるい感じが何とも良いのです。
刺激がなくても、穏やかに暮らせるのが何よりも幸せだなと思う今日この頃。。
あ、もちろんビオラは時間を見つけて少しずつ弾いています。

♪♪♪
仕事が忙しい方でも、細く長く楽器を続けていらっしゃるメンバーはたくさんいます。続けられるか不安もあるとは思いますが、是非気軽に楽器を始めてみてはいかがでしょうか。
最近は楽器を貸してくれる音楽教室もあるので、不安な場合は利用してみるのも手です。
初心者の皆様と一緒にオーケストラで演奏できるのを、団員一同楽しみにしています!

About

わらび餅です。
好きな作曲家はプロコフィエフです。好きな果物はスイカです。

ピーラーの正しい使い方がすごい

わらび餅子です。
昨日、テレビで、ピーラーの正しい使い方というのをやっていました。
ピーラーを正しく使うと、100均のピーラーでもじゃがいもの皮がサクサクむけるそうな。
その方法とは、、「あご」を食材にくっ付けて皮を剥くことだそうです。あごというのは、ピーラーの歯のすぐ下にあるパーツのことですが、家を出る前に写真を撮り忘れたので、ご興味のある方は「ピーラー あご」で検索してみてください。
昨日帰りにさっそく、じゃがいもを買って帰ってきましたが、確かにサクサクむける!今までは包丁使った方が早いよ、、と思っていましたが、なかなか使いやすいしきれいにできました。
革命的なむきやすさ。楽しい♪
あと、ピーラーが滑らなくなったので、指を切りそうな感じもなくなりました。
じゃがいもは皮を剥くのが苦手で、カレーを作るときくらいしか扱わなかったのですが、これからは肉じゃがもポテトサラダも積極的に作れそうです!
是非試してみてください。

☆☆☆☆☆

さて、文京フィルではコンサートマスターを募集しています。
当団は技術よりも人柄重視ですので、やる気のある方、あと初心者で技術の足りないメンバーもおりますが、受け入れていただき一緒にやって行ける方(大事)を求めています。
オケでコンマスをできる機会なんて滅多にありません。是非、まずは気軽に見学から。
ご連絡お待ちしています!

写真は、カレーライスのような色の家の猫。
img_1015

About

わらび餅です。
好きな作曲家はプロコフィエフです。好きな果物はスイカです。

リスペクト

わらび餅です。
朝晩めっきり寒くなりましたね。

職場で、ものすごく感じの悪い人がいるのです。言っていることは正しいのかもしれないけど、そんな言い方しなくても、、という時が多い。「悪い人ではないのだけど。。」とみんな言うのですが、本当に悪い人なんてそうそういるものではない。
では何なのか、、と考えていて突然ひらめきました。
この人は、メンバーに対するリスペクトが少ないのだ!

※リスペクトというか、相手を認めるとか尊重するとか配慮するとかそんな感じなのですが、うまい言葉が見つからず。。そういう言葉があったら、こっそり私に教えてください。

ということで、今後は私も、周りの人へのリスペクトが足りているかをいつも考えながら仕事をしようと思います。

文句ばかり言っていたり、感じ悪くするのは良くないなぁと自戒を込めて。。

———-

ちなみに、これはオケでも同じだと思うのです。
お互いをリスペクトし合っている人たちの演奏は例え下手でも聴いていて気持ちがいいし、演奏している方も楽しいのです。

私の母はこの辺を見抜くのが鋭くて、演奏会に来てくれると、
「今日の演奏は、個人個人は上手いんだけどバラバラな感じがした」とか「仲がいいのが演奏から伝わってきた」とか「個人個人は上手ではないかもしれないけど、皆でたくさん練習してきたのが分かった」とか、演奏会のたびに言われます。
(ちなみに最後のコメントは、3年前私が文京フィルに入団して初めての、ラフマニノフ2番の演奏会でした☆)

初めは、なぜそんなことが分かるのだ?と思っていたのですが、最近、やっぱり演奏に表れるのだなとしみじみ思います。

音楽は奥が深いですね〜

About

わらび餅です。
好きな作曲家はプロコフィエフです。好きな果物はスイカです。

ポケモン

わらび餅です、こんにちは。

最近、余裕が大事だと改めて思います。心に余裕がなくなると、些細なことでイライラしたり、悲しくなったりするので。。
2週間に1日くらいは何も予定がない日を作って、家を掃除したり、美味しいものを作って食べたり、散歩をしたり、家でのんびり動画を見たりするのが理想だと思う今日この頃です。

ということで、先週末は旦那さんと上野を散歩していました。
露店で、焼き鳥とラムネ(私はお酒が飲めない)を買って一服していると、なぜか向かい側に座っていた二人連れのきれいなお姉さん達と意気投合して、そのまま夕方まで話し込み、飲み物も奢ってもらって。。笑
楽しい休日でした!

上野は、ポケモンがたくさんいるようで、トレーナーがウロウロしていました。ポケモンGOの発売前と後では、明らかに景色が違います (≧∇≦)

さて、ポケモンより楽しい(?)そして、一生楽しめるオーケストラを始めてみませんか?
今さら楽器なんて、、と思われるかもしれませんが、文京フィルには大人になってから楽器を始めた方もたくさんいます。(むしろその方が多いかも)
中には、定年してから始めた方もいらっしゃいます。

仕事が辛い時、退屈な時、楽器をやるととっても癒されますよ!

About

わらび餅です。
好きな作曲家はプロコフィエフです。好きな果物はスイカです。

無限ピーマン

わらび餅です。

数ヶ月前にネットで話題になっていた無限ピーマンが好きで、いまだに何度も作ってしまいます。

知らない方のために、、、
無限ピーマンについて

無限ピーマンの素晴らしいところは、火を使わないで済むところと、ピーマン4つくらいがペロリと食べられてしまうところです。
4つも食べたなんて信じられないくらい、とっても食べやすいのです。

本来は、作った後冷やして食べるようなのですが、私は冷えるまで待てた試しがありません(笑)
温かくてもこんなに美味しいのに、冷やしたらどんなに美味しくなるのか。。恐ろしい!
今度やってみよう。

注意点としては、ごま油を入れるのでツナ缶の油はちゃんと切った方が、ごま油が引き立って美味しいです。

さて、昔からの友人に、今度第九(ベートーベンの交響曲第九番)をやるのだが一緒に乗らないかと誘っていただき、しかし私ごときが第九を弾いて良いものだろうかと随分悩んでいます。
いつかは絶対やってみたいとは思っているのですが、いざ機会が来ると色々考えて迷ってしまう。
もうちょっと後でもいいかな、とか。

でも人生いつ何があるか分からなくて、突然事故や病気に遭って楽器が弾けなくなるかもしれないし、家庭にアクシデントが起きて趣味ができなくなるかもしれないし。。
とにかく悔いのないように、楽しく毎日を過ごしたいですね。

ということで、オーケストラに入ろうか迷っているあなた。
迷っている時間がもったいないので、今すぐ見学希望のメールを書きましょう!

私は今までいくつか市民オケを見てきましたが、文京フィルより初心者に敷居の低い楽団はないのではないかと思っています。

私はオケが楽しくて仕方ないので、1人でも多くの方に、オケの楽しさを知ってもらうことを願ってやみません。(まさかの、団員募集につなげるという秀逸な展開 ( ^ ^ ))

About

わらび餅です。
好きな作曲家はプロコフィエフです。好きな果物はスイカです。

そそっかしい

やっと週末ですね!
今週は仕事が大変だったので、金曜の夜が嬉しいです。

突然ですが、私は自分をそそっかしい人だと自覚しているので、失敗する前に防ぐことを心がけながら生きています。

数年前から愛用している、スマホの裏に取り付けるリングは、「私なら絶対に携帯を落として、画面をバリバリにするに違いない」という予測の元に導入したのですが、動画を見るときに立てておくのなんかにも使えてなかなか便利です。
私の影響でこれを買った人が、少なくとも周りに5人以上いるという、ヒット商品です。
(気になる方は、携帯 リングホルダー で検索してください)

オケでうっかりさんがよくやるパターンとしては、、

・譜面を家に忘れる
→気づいたときにコンビニのコピー機で出せるように、スマホのアプリを入れておきましょう

・財布を忘れる
→参加費が払えないので、いつも楽器ケースに何百円か入れておきましょう。
尚、文京フィルの練習の参加費は1回300円です。

・楽器を忘れる
→諦めて家に取りに帰りましょう

・曲を忘れる
→始まって数秒経ってから、あーこの曲ね!と思い出すパターン。何事もなかったかのように、すまして弾きましょう。

・練習日を忘れる
→今日何かあったような。。何だっけ。まあいいや。お菓子美味しい(家でくつろいでいる)
ああ、なんか眠たくなっちゃった。
・・・
・・・
はっ!(゚o゚;;

ちなみに私は、友人が楽譜を全て逆開き(左開き)に製本してしまったのを見たことがあります。
そそっかしいですねー。

今日は週末なので、大好きなベートーベンの8番を聴いています。
1楽章の始まりの、底抜けに明るい幸せな感じが、聴いていると元気になります。

では、良い週末を!

わらび餅

image

About

わらび餅です。
好きな作曲家はプロコフィエフです。好きな果物はスイカです。