セカンドヴァイオリン

やはり、というか想定通りセカンドヴァイオリンが定員に達しました。とはいっても見学者と見学予定者で定員に達したというだけで、まだ全員が入団したわけではないのでこの状態は解除される可能性がありますが、とにかく一旦は定員です。
以前にも話した通り、オーケストラでは全般にセカンドと呼ばれるパートは非常に重要です。それは皆さんの目や耳が必要以上にファーストパートに注がれる事へのアンチテーゼでもあるのですが、実際にセカンドパートがオーケストラの機能であり、味付けであり、厚みなのだと思います。
アマオケの場合は人口の多いヴァイオリン奏者にとって「より簡単な方」と認識されている事が多いと思いますが、オーケストラをきちんと楽器と認識していればそれは大きな誤解である事は明白です。
ファーストヴァイオリンよりも先に定員に達した事で、メンバーの固定が出来て、より合奏力も高まる事が期待できます。オケとしては大変喜ばしい事です。そして、強力なセカンドパートが存在する事で、ヴィオラやチェロが演奏しやすくなる事はもとより、ファーストがよりのびのびと演奏できる事でしょう。
弦楽器の充実はオーケストラにとって強い心臓です。少しずつですが一歩一歩着実に文京フィルハーモニック管弦楽団が成長していけばと思っています。

bpomd

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

コメントを残す