メンテナンス

先週の練習でお話ししましたが、演奏会2ヶ月前のこの時期に楽器のメンテナンスに出す事を私はお進めします。
皆さんはどれくらいの間隔で楽器のメンテナンスしていますか?アマチュアですからそんなに神経質になる事もない?
そんな事はありません!アマチュアだからこそ自分の身体に合った楽器を使い、それをきちんとメンテナンスする事で効率的に上達できるんです。楽器の手入れを疎かにしている人は絶対に上達しません。
これはもちろん演奏時間にも比例するので一概にはいえませんが、弦楽器奏者は最低1年に一回、出来れば半年に一回は楽器のメンテナンスをするのがいいと思いますし、演奏会2ヶ月くらい前に弦と弓の毛の張り替えをしておくと、ちょうど演奏会の頃に馴染んでくるように思います(しつこいようですが個人差があります)。
管楽器奏者はそれぞれの楽器によって違うと思います。私のトロンボーンという楽器はそれほど手のかからないやつなので、いいのですが、ほかの管楽器の方も必ずメンテナンスに出すようにしましょう。
因に演奏会間近にメンテナンスに出すのは逆効果です。人間が馴染めない場合もありますし、せっかく馴れ親しんだ楽器の感覚を取り戻しきれない場合があるからです。もし間近に出す事になったら、そのあと相当程度楽器に触って馴染ませる必要があります。それが出来ない場合は逆効果になりますのでご注意くださいませ。

bpomd

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

“メンテナンス” への1件の返信

  1. PASS:
    弦楽器の方、
    毛替え、弦の張替えは1ヶ月前までにしましょう!!
    一日2~3時間以上定期的にさらう人はもっと前で大丈夫です。
    ただし・・・当日切れてひやひやするぐらいなら、1週間前でも3日前でも替えた方がいいかもしれません。
    いざとなったら先生などに預けて2~3時間弾きこんでもらうだけで弦などは落ち着きますよ~!

コメントを残す