見習うべきは友人の演奏会

今日は姉妹楽団の文京区交響吹奏楽団の演奏会でした。
私はいつも言っているのですが、演奏会を聞きにいくなら、絶対にアマチュアの演奏会がいいです。自分で演奏をしない人はプロの演奏会を聞きにいけばいいのですが、自分で何か楽器をやる人はアマチュアの演奏会に行くと、自分でもびっくりするほど色んなことを勉強できます。
いい演奏は勿論、ダメなこともひっくるめて全て自分の演奏に生かすことが出来ます(プロの演奏会に行っても意味がないということではないですよ)。
うちのオケも色んな意味で常識はずれなオケだと思いますが、文吹の演奏会もあらゆる意味でユニークです。独創的で創造的で抜群のエンターティンメント性があります。色んな点で欠点もありますが、それを補って余りある素晴らしい「演奏会」でした。
私は文吹の演奏会は4回目ですが、メンバーは毎回入れ替わっているにも関わらず、毎回着実に演奏としてのまとまりや音楽性に進歩が見られます。1年前はソロをとることが出来なかった奏者も立派にソロを張れるまでになっています。
こうした「楽団」としての積み重ねも見習うべき点です。
こんな素晴らしい演奏会が出来る楽団が姉妹楽団だなんてうちのオケは何と幸せなんでしょう。お客さんの中で感動のあまり泣いて帰った方もいらしたと聞きますが、あながち大げさではないと思います。
そして、出張で演奏してくれた、うちのホルン奏者を始め、ステマネ、司会、セッティング、受付、カメラのスタッフを手伝ってくれた方達、撤収を手伝ってくれた楽団員、聞きに来てくれた楽団員にも最大限の感謝をしたいと思いますし、とても誇らしく思います。
本当にいい演奏会でした(飲み過ぎたいいわけ(笑))。

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。