協奏曲について

うちの楽団は色んな音楽をやっていこうと思っています。その中で私にとって未経験のものがあります(本当はいっぱいありますが)。
それは「協奏曲」です。私自身が演奏したこともありませんし、伴奏もありませんし、指揮もありません。でもうちのオケではやっていきます。
とりあえず、来年の第1回の定期演奏会はモーツアルトのヴァイオリンとヴィオラのための「協奏交響曲」をやろうと思っています(まだ準備中です)。この曲もフルートとクラリネットとトランペットがありませんが、その事には心を痛めています。
しかしとにかく「協奏曲」はやります。協奏曲をやるに当たっての最大の障壁は「ソリスト」です。今回はヴィオラのSさんにやってもらいますが、団の中で協奏曲をやりたい人は是非相談してください。
勿論協奏曲ですから「一般の奏者のように初心者でもいい」というわけにはいきません。オーディションこそしませんが、それなりに厳しい要求はさせてもらいます。でも普通に考えてアマチュアのオーケストラ奏者が「協奏曲」をやるチャンスはそうそうないと思いますので、その意味ではうちのオケは敷居の低さを発揮したいと思います。
殆どの人が自分の楽器を愛していて、いつか上手になったらあの曲をやってみたい、という協奏曲を知っているでしょう。
勿論「ピアノ」もアリです。もともとピアノをやっていて今は違う楽器をやっていますが、ピアノコンチェルトやりたい!という方も是非相談してください。現実的に可能な曲なら是非やりましょう。
あの、ここだけの話し。ピアニカでラプソディー・イン・ブルーやろう!といってくれる人がいたら大歓迎ですよ!!
因みにソリストについては例外的に団員以外にも門戸を開いています。うちのオケのことを理解してくれる人であれば、是非お申し出を(この部分は公式サイトにも書いておかなくっちゃ)。

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。