ちょいモテオーケストラ

昨日の演奏会で文吹団長が随分気を遣ってくれてうちの宣伝をしてくれました。管弦楽よりは敷居の低いと思われる吹奏楽の演奏会でも宣伝をすることは重要だな、と感じました。
終演後1人だけですけど、うちに興味があるというので少しお話しをさせてもらいました。今月はちらしを作って来月からは演奏会にドンドンちらしを挟みに行こうと思います。
その後、打ち上げに参加する道すがら、ちょっとした話題の中で「ちょいワル楽団」とか「ちょいモテ楽団」とか言う単語が出ました。
以前にもお話ししたように管弦楽って無用に敷居が高いと思います。勿論ある程度の部分というのはあって当然ですが、音楽というのはもっと気楽に入れないといけないと思うんです。
私は日本の大学のように入学は大変だが卒業は楽というよりも、アメリカの大学のように入学は比較的容易だが、入学してから何を勉強したかが求められて卒業が大変というのが「音楽にも」あればいいなと思っています。
うちの楽団は入るのは簡単。でも合奏を楽しむ為には一生懸命(勿論可能な限り)練習する。そういう楽団になればいいなぁと思っています。
で、その導入の部分として、うちの楽団もキャッチフレーズがあった方がいいかな(笑)と。
ちょいワル楽団?来週から男性はスーツにノーネクタイで、靴下は履きません。女性はワンピースに黒のストッキングです(笑)。
もう何でもいいんです。「ちょいモテ」の他に「モテカワ楽団」でもいいんです。「キモカワ」はちょっと困りますが(爆)。
私はそういうの軽薄だとは思わないんです。オーケストラをやっているともてるだなんていいじゃないですか。
モテ楽団にしようかなぁ。「幸せになる楽団」でもいいなぁ。
なんかいいキャッチフレーズあったら教えてください。

bpomd

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

コメントを残す