指揮につける

オーケストラと指揮の関係をひと言で言い表す事は出来ませんが、私は自分がトロンボーン奏者だったとき(今でもそうですが)、つまり指揮を見る側だった時は、指揮者が何をしたいのかを棒から読み取る事に注力しました。
そして、私の指揮者評の基本は「棒で意思を表せる」という点にあるのです。音楽性というのは人それぞれですが、とにかく棒が何を言っているか分からないと指揮者としては役に立たないと思うんです。これはプロでもアマでも一緒です。
さらにそこから言えば、その指揮者が高い音楽性をもっていて、尚かつ、オーケストラから音楽を「引き出す」能力があれば、演奏者としては、演奏していて誠に楽しいわけです(残念ながら、演奏者としてそういう指揮者とやった事は無いですが)。
私自身は、自分が優れた指揮者であるかどうかは別として、少なくとも私がやりたい事を棒に表す事には真剣に取り組んでいます。
今日の練習では「シャンパンポルカ」のテンポがなかなか出なくて難儀をしました。出ないのは100%指揮者の力量不足。これはそれ以上でもそれ以下でもないです。
私は今まで以上に指揮の技術を上げて、うちのオケがピタリと私の棒につけられるようになるまで、徹底的にさらっていこうと思っています。

bpomd

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

コメントを残す