ではクラリネット

もう引っ込みが付かなくなったんで、今日はクラリネットですね。
譜面を読むということに関しては最初にぶつかる壁がクラリネットです。A管とB管があって、どちらにしても「ド」と書いてあったらラと読むかシ♭と読むかなんです。
もう堅気の人なら精神分裂症になりますよ(笑)。上から順番に来てここだけ意味が不明なんです。
でもね楽器としてはいい楽器です。フルートみたいに高い音でピアノを要求してもにらみ返さないし(笑)、オーボエみたいに音色を換えるのが大変だったりしないんです。
ピアニシモからフォルテシモまで余裕のデュナーミク、音色も柔らかい暖かい音から、つんざくような音、辛い音と表情付けもお得意でしょう。
だから、というわけではないのですが、私はクラリネットには厳しいです(笑)。アーティキュレーションやデュナーミクも最も要求しやすいからです。
頑張れクラリネット奏者。何でも出来るというのはそれだけ大変ですが、私はそんなクラリネット奏者が木管の調整役だと思っていますから。

bpomd

About NO Masaharu

元々トロンボーン吹きですが、棒振りです。好きな作曲家はベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ブルックナーです。 ビールと餃子とカレーが大好きです。

“ではクラリネット” への2件の返信

  1. PASS:
    はい、出ました!私は記譜はドレミファソラシドで、実音はCDEF~で言うことが多いです。そうじゃないと自分でも混乱するのです(-_-;;
    調整役には力不足ですが頑張ります~。

  2. PASS:
    木管後列から木管を調整するのがクラリネットの役目だと思っています。その意味では合奏力が要求されるのですが、かおるさんなら大丈夫でしょう。よろしくお願いします。

コメントを残す